間違えやすいパターンとしては、本当はA型(またはB型)なのにO型と判定される、本当はAB型なのにA型(またはB型)と判定されるなど

出典血液型が変わることはない?

大人になってから検査をして「血液型が変わった!」という人がいますが、多くは新生児の時の検査結果が前述の理由により間違っていたと考えられます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「血液型を知らない」が当たり前の時代になっていく

占いなどにも広く用いられているABO式の血液型。成人は多くの人が自分の血液型を知っていますが、いまどきの子供達は血液型を知らない人が多いのです。

このまとめを見る