1. まとめトップ

【わんにゃん外交】 秋田犬”ゆめ”とロシア猫”ミール”の動画等。随時更新♪

ロシアとの貿易拡大をめざす佐竹知事が昨年、大の犬好きで知られるプーチン氏にロシアで人気の秋田犬(あきたいぬ)を贈呈したことへの返礼でシベリア猫を受け取った。*「ゆめ」は平成24年7月27日ロシアに、「ミール」は8月26日に成田空港に到着した。2匹はモフモフ。

更新日: 2017年01月13日

purupuru2013さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 314423 view
お気に入り追加

1.ロシア出発前の秋田犬ゆめ。

犬 名:「ゆ め」(日本語・ひらがな)
【命名経緯】
 外務省を通じてロシア政府から、プーチンロシア大統領ご自身が決定されたとの連絡があったもの。
「夢」はロシア語では「メチタ」ですが、「ゆめ」という発音がロシア語でも語感が良いということで、日本語の「ゆめ」のままで決定。

品    種:秋田犬
 生 年 月 日 :平成24年4月24日生まれ 
 牝  ・  牡 :牝(メス)
 毛    色 :赤毛
 体    格:体長(50㎝)、体高(37㎝)、体重(8㎏)
 父 犬・母 犬 :父犬「好古号」、母犬「優姫号」

2.秋田空港からロシアへ -2012年-

秋田県からプーチンロシア大統領へ贈呈される秋田犬「ゆめ」ちゃんが、本日、秋田空港からロシアに向けて、出発いたしました。

当初は温度調整可能な貨物室で移送予定でしたが、アエロフロート航空は大統領への寄贈をよく知っており、「世界でいちばん有名な犬だから」と、「ゆめ」ちゃんのためにビジネスクラスを用意する粋な計らいを見せてくれました。

3.ロシア到着

出迎えには、ロシア外務省のヤーセネフ・アジア大洋州局日本経済交流部長ら外務省2人、大統領府当局者1人、獣医師2人、「ゆめ」の飼育担当者2人、SP2人などロシア側から10人以上が出席。SPは警備のため派遣されたようで、VIPとして待遇されました。

ロシア側からは、秋田犬を飼うのにエサはどうするか、しつけはどうするか、どういう注意が必要かなど飼育方法について質問が出され、本県同行者から「子犬の時は低脂肪で非アレルギー性のエサが好ましい」などと、エサの種類や頻度を説明。接種したワクチンの種類やしつけの状況について説明しました。この間、「ゆめ」は部屋の中で一人で遊んでいました。

4.ロシアでお散歩

5.プーチン大統領とゆめ (+バッフィー) -2013年-

左からプーチン氏、バッフィー、ゆめ。

バッフィー子犬時代。

「ゆめ」はブルガリアから贈られた雄のカラカハンドッグ「バッフィー」やスポーツウエア姿のプーチン氏に飛び掛かるなど、やんちゃな一面も見せた。

↓ プーチン大統領とゆめ達の写真20枚公開中。

6.ソチの大統領公邸で。 -2014年-

安倍晋三首相が8日、ロシア・ソチの大統領公邸でプーチン大統領と会談した際、平成24年に秋田県の佐竹敬久知事が大統領に贈った秋田犬「ゆめ」(雌、1歳9カ月)が一緒に玄関先で出迎えた。

首相はゆめがいるのを知っていたのか、ロシア語で「ハローシャヤ・サバーカ(いい犬ですね)」と言ってゆめをなでると、大統領は「そうです。でも時々かむんですよ。気を付けて」と応じた。

7.2016年

1 2 3





purupuru2013さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう