1. まとめトップ

未来を担う技術「DNA折り紙」についてのまとめ

DNAを使って色んな構造を作ろう!作った構造を使って世の中を素敵にしよう!そんな夢の技術「DNA折り紙」についてまとめてみました。

更新日: 2013年03月26日

4 お気に入り 13564 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SongofYukiさん

面白そうだったんでまとめてみました。

§ はじめに…

§ そもそも…、

DNAは物の名前。DNAは、デオキシヌクレオチドという単位の繰り返しで形成されている。生物は、DNAを用いて遺伝子を記録している。

個々の生物を成立させる情報全体をゲノムと呼び、ゲノムの部分を遺伝子と呼ぶ。遺伝子はDNAによって記録される。

§ DNA折り紙(DNA origami)

DNA折り紙は、DNA(という物)を用いて作成された高次構造体。平面構造から立体構造まで色んなものがこれまでに作成されている。

1982年から始まったDNAのナノ素材としての研究によって、現在までに2次元シート構造、正八面体、正方形、長方形、星形、スマイルマーク、多様な三角形、箱(フタの開閉も可)などが作られている。

§ DNA折り紙を用いたナノマシンの作成&DNA折り紙の応用

がん細胞などに直接抗体などの抗腫瘍物質を輸送出来るデバイスをDNA折り紙で作成

DNA折り紙の技術を用いて、極小ものさし、人工の葉っぱ、ナノ電子回路、ドラックデリバリーの新技術を生み出そうという考えがある。

記録媒体としてのDNAの利用もどんどん報告されているみたいですし、新技術がどんどん生まれて私達の生活がすごいことになっていくと面白いですね。

1