1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

塩分によって体内で老化など様々なプロセスに関わる重要な分子、一酸化窒素の分泌が妨げられ、脳に向かう血液の流れが激減し、血圧が高くなることがわかったそうです。
そして、行動に反応や記憶力の低下の最初の兆候が見られたそうです。


長寿が当たり前になり、認知症も急増していますが、最も多いアルツハイマー病は確かな予防法も治療法も見つかっていない「未知の病」とされ、認知症は予防が重要です。

●アルツハイマー 年をとって運動をしないと、脳的に具合が悪い。脳の中の神経幹細胞の分裂は適度な運動で促進される。運動しないと神経幹細胞の分裂速度が遅くなり、脳機能が低下し、アルツハイマーにつながる。

【認知症ニュース】 専門医に聞け! Q&A 感謝の言葉で認知症予防 - エキサイトニュース: 専門医に聞け! Q&A 感謝の言葉で認知症予防 エキサイトニュース… dlvr.it/PCN3Jf #認知症 #アルツtwitter.com/i/web/status/8…

【若年性アルツハイマーの予防法】 ・魚からDHAやEPAを摂取 ・ビタミンEやCなどを摂取 ・ポリフェノールを摂取 ・定期的に運動をする ・文章の読み書き ・トランプ、将棋など思考系のゲームをする ・楽器演奏 ・タバコは吸わない ・睡眠を充分にとる #有益なことをつぶやこう

( 'ω'o[定期]o)◁ ))༄༅ 皆さんどうも、ししゃもです。ししゃもには血流の改善、アルツハイマーの予防、記憶力の向上、精神安定等に効果があるみたいですよ!ご飯に欠かせないおかずです!

たんぱく質の集合体を取り除けば、脳の神経細胞に起きた異常を回復できる可能性があるとする研究成果を、国立精神・神経医療研究センターなどのグループが発表

国立精神・神経医療研究センターの荒木亘室長らのグループです。

グループではまず、ねずみの脳の神経細胞にアルツハイマー病の原因とされ、細胞にダメージを与える「アミロイドベータ」という、たんぱく質の集まったものを加え、病気の初期に観察される脳の状態を再現しました。

そして、これらの脳の神経細胞を2つのグループに分け、一方は最初に加えたアミロイドベータの集合体を取り除かないまま培養、もう一方は、この集合体を取り除いたうえで2日間培養しました。

その結果、アミロイドベータの集合体を取り除かないままだった神経細胞では、病気の症状が悪化していましたが、集合体を取り除いた神経細胞では、病気の初期に観察された細胞のダメージが回復していたということです。

アルツハイマー病では、これまでにも早い段階でアミロイドベータの蓄積を抑える治療の重要性が指摘されていましたが、アミロイドベータを取り除けば、初期の症状を改善させられる可能性が実証的に示されたのは初めてだということです。

荒木室長は「認知症は早期発見が重要だ。アミロイドベータの影響を軽減させる新薬の研究を進めたい」と話しています。

1 2