1. まとめトップ

SNS利用者必見!ネット上に顔写真をアップすることの危険性

Facebook,Twitter,mixiなど、ソーシャルネットワークサービスのアイコンに自分の顔写真を設定したり、友人や恋人と撮った写メ、プリクラなどをアップロードし、投稿することのデメリット・リスクについてまとめました。

更新日: 2013年03月25日

28 お気に入り 145015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■ 顔写真=個人情報ということ

ネットに顔を載せることは自分の個人情報を載せるのと同じことです

顔と名前が分かれば、家を特定するのもそう難しいことではありません

出した顔写真、プリクラなどの情報はネットに流したその時から、自分でコントロール出来なくなる

仮にブログ上では削除キーで簡単に削除できても、あなたの知らない誰かが画像をダウンロード保存していたら?もうあなたにはそれを削除する手段はありません

軽い気持ちで書いてしまった法律に抵触するような行為に対して、個人を特定できる情報があれば、「恐喝」などの恐れ

・顔出しでやってはいけないこと

他人や職場などの悪口を書く事

万が一悪口を書かれた当人に知られたら確実にアウト。このケースで会社をクビになった人もいる

自分の悪行をカミングアウト

未成年の飲酒・喫煙で炎上するパターンがとにかく多いです。

・実際に起こった事例

女子中学生はプロフに顔写真や住所を掲載していたところ、無職男性から連絡がくるようになり、はじめは返事をしていたが、返事をしなくなったところ、男性に自宅前で待ち伏せされナイフで刺された

■ 友人との写メやプリクラも注意

Q.自分の顔写真や名前を、友人が勝手にSNS上で公開するのをあなたは許せますか?

はい……195人(21.5%)
いいえ……710人(78.5%) by マイナビアンケート

顔の一般公開を誰もが平気だと思っちゃダメ

「写真が公開されるのはどんな状況でも嫌だ。自分の顔が好きじゃないから、人目に触れるようなことはしないでほしい」(28歳/女性)
「自分に自信がある人ならいいのだろうけど。私は自信がないので、やっぱり顔をのせられるのはダメ」(24歳/女性)

プライベートな情報が他人によって、自分の認識と違った文脈で使用される可能性

もし載せたい場合は事前に断りを入れましょう。

・子供の写真にも注意が必要

幼稚園や小学校、子供会などが、子供の写真を公開する際にも注意が必要

幼稚園などの所在地は知られているので、そこに行けば掲載された子供に会えることになる。誘拐等の犯罪に巻き込まれる恐れもないとはいえない。

■ 「覚悟」できてますか?

自分が予想もしていないようなところで悪用される

想像以上にいろいろな人が見ています。

ネットの向こう側には、悪意ある者もたくさんいることを忘れてはならない。

1