1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

仏像の返還未だ叶わず【深まる日本と韓国の溝】

観世音菩薩坐像、如来立像の返還を巡り、さらに深まる日本と韓国の溝

更新日: 2013年03月25日

osagasiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 7388 view
お気に入り追加

● 仏像はどこで作られたのか ●

「観世音菩薩坐像」は、像内に残された文書から、
 1330年に韓国西部の瑞山市にある浮石寺で
 造られたことが分かっている。

像内から発見された文書を「結縁文(けちえんぶん)」と言います。

● 仏像が造られた時代 「仏教が保護された時代」 ●

高麗(こうらい)は、918年に王建(太祖)が建て、
 1392年まで続いた朝鮮半島の国

仏像が造られた1330年は高麗時代にあたります。

新羅時代から高麗時代の900年間仏教は国教として保護された

● 高麗が倒れ、仏教が弾圧された時代へ ●

李氏朝鮮(りしちょうせん)は、
 1392年から1910年まで続いた朝鮮半島の最後の王朝。
 李朝(りちょう)ともいう(李王朝の意)

● 朝鮮半島で造られた仏像がなぜ日本に渡ったのか ●

李氏朝鮮時代に入ると、一転して儒教が国教となったため、
 仏教は徹底的に弾圧された。

14世紀末に成立した李氏朝鮮は儒教を
 国教としたため各地で仏像破壊が起きた。

韓国では、骨董屋を覗くと
 首のない仏像が売られていることが多い。
 李朝[1392-1910]の斥仏政策のもとで、
 仏像の首が切り落とされたからである

持ち込まれた年代や経緯は記録が残されておらず不明だが、
 市教委文化財課も「朝鮮での弾圧の過程で持ち込まれたと
 考えるのが妥当です」と主張した。

市教委文化財課=対馬市教育委員会文化財課

● 文化財が盗難にあう ●

● 盗難された仏像が発見される ●

● なぜ、仏像が日本に返還されないのか ●

韓国・大田(テジョン)地裁は、観音寺は正当な手段で同仏像を
 取得したことを裁判で確定する必要があると指摘。
 確定するまで、同仏像を保管している韓国政府は占有をやめ、
 浮石寺が委任する執行官に引き渡さなければならないとした。

2013/02/26

裁判所関係者は
 「仮処分なだけに絶対に返還してはならないという状況ではない。
 国際法上でもこの決定が適用されるか検討が必要だ」と述べた。

1 2





ジャンルを問わず思いつきでまとめサイトを作成していきます。(運営サイトにて記事をカテゴリ別に分類しました。)