1. まとめトップ

自転車メーカー「ビアンキ」 欠陥で輸入元に賠償命令1億8900万円!

自社のブランドをロゴだけ投げっぱなしで貸すような”ブランド使用ライセンス”ってのは如何なものかなと思う。

更新日: 2013年03月25日

3 お気に入り 7797 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

toolloveさん

自転車の欠陥で輸入元に賠償命令 支払い金額1億8900万円

イタリアの「ビアンキ」ブランドの自転車で走行中に前輪が外れて転倒し障害が残ったとして、茨城県つくば市の中島寛さん(63)側が輸入元のサイクルヨーロッパジャパン(東京)に計約2億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、「製造物責任法上の欠陥があった」と認め、約1億8900万円の支払いを命じた。白井幸夫裁判長は、自転車のサスペンションが分離し、前輪が脱落したと事故原因を認定。購入から約6年4カ月が経過していたが「保管やメンテナンスの状況を考慮しても、通常備えるべき安全性を欠いていた」と判断した。

ビアンキ事故の判決詳細は不明だが、製造物責任法第3条「その引き渡したものの欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、これによって生じた損害を賠償する責めに任ずる」による損害賠償を認めた模様。製品が同法2条2項の「当該製造物が通常有すべき安全性を欠いている」ものと認定か。

例のビアンキの事故、判決が出たのね。わが家には同じモデル(事故車の1年後)の自転車がありました。それまで味スタ通いに使っていたけど、この報道を境に廃車に。サスペンションを分解してみようと思ってるうちに、そのままになっているような!?

ビアンキ(Bianchi) とは

イタリアの自転車製造メーカー。現在の自転車(セーフティ型)が発明された年に創業しており、現存する中では世界最古の自転車メーカーである。 ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、折り畳み自転車といったさまざまな種類の自転車を販売するマスプロメーカーである。2005年には会社設立から120周年を迎えた。現在はスウェーデンを本拠地とするCycle Europeの傘下に入っている。

どんな事故だったの?

ネットで7万8000円出して購入した中島さん。平坦な道を走っていたところ、突然前輪が外れて前につんのめり頸椎を損傷、首から下が動かせなくなってしまった。

事故を起こしたモデルは ビアンキ ”バックストリート” という車種

車両関係の民間安全検査機関に原因の調査を依頼した結果、サスペンション内部にたまった水が外部に排出されず、そのサスペンションと直接つながっていた左右のスプリング2本が腐食し折れたのが原因という。

調べてみると意外な事が判明する

これは台湾の「RST」というメーカーFRサスで発生した不具合でした。当のRSTは、リコールや無償交換には今のところ応じる気は無い様で、自分で点検して、有償で交換してくれとという不親切な物で、行きつけのショップの方が憤慨していました。

自転車のブランドは「ビアンキ」だが、ビアンキは製造にかかわっていないと説明。輸入元のサイクルヨーロッパジャパンも企画製造にはかかわっていないと説明。サイクルヨーロッパジャパンから独占販売権を受けたアキボウは、サイクルヨーロッパジャパンに対応を任せており、フロントフォークを作ったのは台湾穂高で、台湾穂高が採用したサスペンションのメーカーがRSTだと説明した。台北サイクルショーでフロントフォークを組み立てた台湾穂高に直撃すると、「RSTに聞いてほしい」RSTは保険会社に対応を任せていると説明した。

ランボルギーニとか自動車メーカーブランドのクソ安い自転車と同じように、ビアンキの下位モデルも日本の代理店が企画しブランド使用ライセンス貰ってるだけでイタリアのビアンキ社は関与してないに等しい状態なのに、ビアンキの場合は本国企画の高級車も並行して同じように売ってるので話がややこしい

うーん。今回の事故は誰の責任かよくわからない。ビアンキかサイクルヨーロッパジャパンかアキボウかRSTか使用者か… 全員に責任があるとしか言えないんじゃ? どちらにしろ裁判ではサイクルヨーロッパジャパンの賠償…

購入から6年目の事故に、メンテナンスはしていたの?という声も

中島さんの使用状況は、雨の日は極力乗らず、保管は雨が直接当たらない玄関または縁側に保管。サスペンションの点検などはしなかったが、タイヤ、チェーン、ブレーキの手入れは行っていた。「サスペンションの定期メンテナンスの指示も無かった。」(中島さん談)

ビアンキの事故の人は本当に気の毒だなあと思うのだけど、6年もメンテしてなかったってのがなあ。

ビアンキの事故の件、申し訳ないが自己責任だよ。 イタリアの老舗ブランドだからって、安いクロス(?)までイタリアの職人が一つ一つ丁寧に作り上げているわけがないじゃん。不勉強。 メンテしてたって言うが、ほんとにちゃんとやってたならあんな事故起こるはずがないんだ。

ビアンキのクロスバイクのサスのスプリングが錆びて劣化し、走行中に前パイプが抜けて前輪がはずれて転倒・・・首から下が不随にって・・・。被害者が自分で防げた事故だと思わない。メンテ時に分解して内部のスプリングまで見ることってある?

今回の判決によって、こんな意見も・・・

1 2