1. まとめトップ

【ダイエット】お風呂で痩せる!?簡単にカロリー消費ができる高温反復浴!

お風呂はシャワーで済ませちゃうなんてもったいない!湯船につかって、高温反復浴でカロリー消費アップ!

更新日: 2013年03月25日

742 お気に入り 160346 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hozu_7さん

●お風呂で出来るダイエット

毎日の習慣のなかで消費カロリー量をアップ!

血行を促進し身体のあらゆる循環機能を活発にしてくれます。健康に良いだけでなく、食欲を減少させる効果や、大量の汗をかくことで、新陳代謝が活性されダイエット効果も期待できます!

※下記に当てはまる方は注意※
・心臓の弱い人
・貧血気味の人
・高血圧の人

「忙しいからお風呂はさっとすませたい」「長湯するのはあまり好きではない」という人には『高温反復浴』がオススメです。高温反復浴とは、42~43℃の熱めのお湯に短時間、何回かに分けて入浴する方法のこと。お湯の温度が高いので、短時間に何回かに分けて入るのです。お湯の温度が熱すぎると、じっと入っていることが難しいうえにのぼせやすくなってしまいます、この場合の適温を必ず守ることが大切です。

●高温反復浴のやり方

高温浴(5分入)⇒洗身(3分出)⇒高温浴(4分入)⇒洗髪(3分出)⇒高温浴(3分入)

まず熱めのおふろで5分入浴して、しっかり温まりましょう。

次におふろから出て、首すじから背中に水をザーッと浴びたら、3分間をめどに全身をスピーディに洗います。

今度は4分間入って、また温まります。

そしたらまた出て同じように首すじから背中に水を浴びて、3分で頭を洗います。

最後は3分間入浴します。

出たら全身にサッと水を浴びて、反復浴の終了です。

●効果について

熱めのお湯は交感神経を高めるので、心拍数と消費エネルギーを高める効果があります。
水を首すじから背中にかけるのは、ここに『褐色脂肪細胞』があるからです。温冷刺激を与えると、エネルギー消費を上げる特性があるんですよ。しかも毎日これを繰り返していると、褐色脂肪細胞が活性化されて、ふだんの生活でもエネルギーを消費しやすい体質になれるというオマケつき。

高温反復浴は、一回の入浴で300~400 kcal のエネルギー消費を期待できます。エアロビで60分頑張って汗をかいて220 kcal ゆっくり歩きは一時間100 kcal の消費となります。400 kcal のエネルギー消費は、体脂肪52gに相当します。

高温反復浴の、そのほかのメリットは、熱い湯に浸かることで胃の働きが緩やかになり空腹感が薄らぎます。食前に入浴することで食欲を抑える効果があります。また、湯の水圧(静水圧作用)で、血管やリンパの流れがよくなり新陳代謝が活発になり、むくみ、疲労回復の効果があります。

●ついでにお風呂でエクササイズ

【ウエスト周り のストレッチ(ツイスト)】
バスタブに両ひざを立てて腰をおろし、そのまま上体を左にひねって浴槽のふちを両手でつかむ
腰が気持ちよく伸びているのを感じてキープ
右側も同様に

※お尻が一緒に回ってしまわないようにウエストをひねる

【足首 のストレッチ】
バスタブに両ひざを立てて腰をおろし、両手で両足のつま先を持つ
つま先を自分の方に引き寄せる
足の裏、アキレス腱が気持ちよく伸びているのを感じてキープ

※ふくらはぎから足裏までしっかり伸ばしましょう

【腕 のストレッチ(プレス)】
バスタブに両ひざを立てて腰をおろす
両手のひらをバスタブの側面に当て、押し付けるようにつっぱる

※息をはきながら、背筋を伸ばして

入浴中は汗などで体から水分がたくさんでます。
また、熱いお湯に入っていることで、血液の粘度が増すので、水分補給が大切です。

お風呂前にコップ1杯、お風呂からでてコップ1杯の水分補給をおすすめします。

1