1. まとめトップ

【海外広告祭レポ】3D工作系から社会派、日本の美まで。5つのキーワードで読み解くアジアのADトレンド

先日開催されたアドフェスト2013より。英米人より英語がうまい石井うさぎ特派員(@i_am_usagi)によるtwitterレポートのまとめです。今回は受賞作(事例)紹介をメインに、5つのキーワードでアジアの最新広告傾向を読み解くべく頑張ります。セミナー等より詳細に関しては上記アカウントにて。

更新日: 2013年03月26日

14 お気に入り 6414 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kawajiringさん

今日からアドフェストアジア太平洋広告祭2013がスタート。

「Ad fest」とはアジア最大の広告フェス(オーストラリア、ニュージー等環太平洋地域全体)。今年は3月17日〜19日にかけてタイ(パタヤ)で開催。様々な部門がありアジア最先端の広告が集う。受賞作を見ると、アジア全般においても広告のハイテク化、脱メディア化、ソーシャル化(参加型化)が進んでいることがわかる。

今年からPeople's Choice Awardを導入。参加者に16のカテゴリーから自分の一番に投票してもらう賞です。

“引用”は石井うさぎ氏のTwitterより。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

では受賞作を中心に、早速事例を見ていきまっしょい!(※キーワード別。一部セミナー等で紹介されたアジア以外の事例もあり)

★Keyword ① ものつくり男子&女子必見(3D&メイカーズ、やってみた系)

つくろう! すごい、3Dのペン!

ご存知PARTYの3Dプリンティング

事故にあっても、保険でカバーされていないクルマのパーツがいかに多いかを可視化。競合の保険会社がカバーしていないパーツで丸々クルマを一台作ってキャラバン。

パーツを寄せ集めてこの世に一台のクルマを作ってみた。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★Keyword ② ♪あら、こんなところにつながりが(ソーシャルウェブ or テックフル活用系)

KLM航空のサービス革新。飛行機の席の予約図を見ると、ソーシャルメディア経由、その飛行機に乗っている知り合いが分かるようになっていて、待ち合わせしたりができる。いわゆるカスタマーサービスがソーシャルメディアを核に構築されている。

倒れた人がいたらその近くにいる人命救助のノウハウをもった人とをつなげてくれるアプリ。素晴らしい。ユーティリティー x 人の力 x 社会構造。

確かに、緊急時に自分一人では心細い。救助スキルの高い人が、タイミングよくそばにいる場合(2km圏内)は心強そう。

PCもスマホも使わずに、TEDの部屋で話されている言葉を集音マイクでピックアップ。スピーカーだけでなく、観客の言葉までも。言葉そのものをガジェットを介さず、そのままリアルタイムにデータビジュアライゼーションした。

出典@i_am_usagi

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★Keyword ③ テックがどこまで進化しても、広告は人と社会を生々しく映し出す

フィリピンはポルノの検索数世界一位。出演した女性の第二の人生を助けるために、一ヶ月の間、ソーシャルメディアの自分の名前の後に「Scandal」という言葉をつける。

うーむ…「だれだれ Scandal」で検索したときに見つかりにくくなるのか。どれくらい効果あるのだろう? そういえば、最近こんな衝撃の記事もあった。http://blogos.com/article/57948/ フィリピンのみならずなお話です。

見たら分かります。あはは。突っ込みたくなるところ満載でいいです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★Keyword ④ そして社会に気づきと解決のヒントを提供する

たくさんのかわいいキャラがありえない方法で死にまくるメルボルン鉄道の3分アニメーション。

「線路内侵入を防ぐには?」というオリエンをもらったら、まずは子どもが線路に落ちてしまい母親が号泣・・・という絵を考えるところだ。これは全く反対。3分の音楽ビデオをつくり、iTunesで配布した。ティーンがターゲットだが、普通に話しても聞いてはくれない。(審査員長:グラハム氏)。

インドのタブロイド紙、Mumbai MirrorのCM。ムンバイの民の声に耳を傾けろ、と訴求。「勝手に本を燃やした、汚い水で薄められた牛乳しか子どもに飲ませられない」といった具合に様々なムンバイ市民が声を張る。よく見ると画面内にページ数が出ていて、実際の記事を再現していることが分かります。

1 2