1. まとめトップ

アトピー性皮膚炎を治す方法!大人も子供もできますよ。

アトピーで悩んでいる人は、すごく多いでしょう。かゆみが止まらない人もいますよね。しかし、ちゃんと日頃から気を付けておけば、症状を抑えることが出来るようになりますし、克服することも可能です。

更新日: 2013年03月29日

88 お気に入り 487923 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

watcher11さん

アトピーとは何か

アトピー性皮膚炎が正式名称

「アトピー」とは「場所が定まらない」または「原因が不明の」という意味です。

アトピーはアレルギー性の反応

アトピーはアレルギーの過敏症、つまりアレルギー反応が出過ぎるという病気です。

かゆみや分布に特徴がある

アトピー性皮膚炎は、関節や目、口の周りといった皮膚が薄かったり
擦れやすい場所に痒みを伴った炎症を起こします。
また、繰り返し何度も同じような炎症が起こることが特徴です。

アトピーと体質

遺伝子の影響が大きい

両親が共にアレルギー体質だった場合、
アトピーを発症する確率は50%にものぼります。

喘息や結膜炎とも関係あり

アトピーには複数の遺伝的要因が関係し、
アレルギー性の鼻炎や結膜炎になりやすい体質の人はアトピーにもなりやすいです。

体表の細菌の影響

皮膚や消化管の中に住む微生物は個人によって異なりますが、家族では似たものになります。
この細菌の種類やバランスがアトピーを発症するきっかけになることもあります。

アトピーのその他の原因

空気中の刺激

空気中に漂うホコリなどは、
過敏症の場合にはアレルギーのきっかけになります。

食べ物

体質によっては非常にアレルギーを引き起こしやすい食べ物があり、
アトピーを発症するきっかけになります。

炎症からの悪循環

炎症をおこすとかゆくてどうしても掻いてしまうため、
繰り返し皮膚を傷つけてまた炎症になってしまいます。

アトピーの予防

アレルギー源を取り除く

アレルギーの元になる食べ物やホコリなどを遠ざけることで
アトピーの発症を予防します。

ストレスを取り除く

ストレスは肌を荒れさせる大きな原因です。

適度な湿気を保つ

肌が乾燥したり、ジメジメしすぎている状態は、
様々なバランスが崩れてアレルギーを起こしやすい状態です。
清潔で適度なうるおいのある肌を保ちましょう。

日焼けの予防

日焼け自体は自然な現象ですが、急過ぎる日焼けは肌荒れとアレルギー反応の原因です。
長時間太陽の光の下に出る場合は、長袖の服や日焼け止めクリームでの予防が有効です。

アトピーの治療薬

ステロイド薬剤

抗炎症性のステロイド薬は炎症によく効き、症状の悪化を抑えます。
ただし、ステロイド系の薬は副作用が大きいので慎重な投与が必要です。

免疫抑制薬

アレルギーは免疫が必要以上に働いている状態と言えるので、
免疫抑制剤で症状を抑えることができます

抗ヒスタミン薬

ヒスタミンはかゆみくしゃみなどのアレルギー症状に関係する物質です。
副作用として、眠くなることがあります。

薬以外の治療法

食事のタンパク質を減らす

卵や牛乳といった高タンパクの食べ物はアレルギー源になりがちなので、
これらを摂る量を減らすとアレルギーが改善することもあります。

肌を清潔に保つ

炎症になった箇所に刺激をあたえないように、
かつ清潔に保つようなケアが大事です。

1 2