明治維新の立役者、西郷隆盛。本当の名前は隆永(たかなが)である。

出典知識と雑学の備忘録西郷隆盛は本名ではない?肖像画も本人ではない?

では、なぜ、西郷さんは「隆盛」になったのか。
明治2年(1869年)、明治政府樹立に貢献した西郷隆盛は明治天皇から
位階を授かることになり、明治政府は書類に西郷の本名を記す必要が生じた。

そこで、明治政府は、西郷本人が函館遠征中で連絡がつかなかった為、
西郷の友人吉井友実(ともざね)に西郷の本名を聞きに行った。

吉井は西郷を通称の「吉之助」と呼んでいた為、本名をなかなか思い出せなかったが、やっと思い出した「隆盛」という名前を伝え、明治政府は「西郷隆盛」で書類を作成した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

私達が知っている西郷隆盛の顔は偽物だった!!!

明治維新の立役者、西郷隆盛。日本人なら誰でも知っている人物であろう。教科書やテレビなどで見ていた西郷隆盛の顔は本人のものではなかった!!しかも名前まで・・・衝撃の事実をまとめました。

このまとめを見る