1. まとめトップ
  2. カラダ

髪の洗い過ぎは禁物

現代人は、あまりに合成シャンプーや石鹸、石鹸シャンプーを使うことに慣れすぎて、洗い過ぎが習慣化してしまいました。結果、大勢の皆さんが、薄毛、抜け 毛に困っています。

インドでは、髪は洗いすぎてはいけないと、昔から言われていますが、それは長 い間の経験からくる経験則、経験談なのです。

洗えば洗うほど皮脂を分泌

シャンプーをしすぎると
皮脂を洗い流しすぎることになり、
体は不足分を補おうと
たくさん皮脂を分泌するようになります。

洗いすぎると頭皮を守っている保湿成分層(角質)が消失。表皮の新陳代謝が低下し、炎症のできやすい脆弱な皮膚になっていきます。

頭皮が乾燥すると、フケやかゆみ、そして髪が傷んだり痩せたり、
抜け毛や薄毛の原因にまでなりかねません。

健康な髪を保つために

抜け毛が気になる人は、シャンプーやリンスの回数を減らすか、使う量を減らすか、
より刺激の少ない別の製品を使用するとかして予防をしましょう。

髪についた汚れやホコリは、こすったりしなくても泡の力だけで落ちますから、髪よりも地肌を洗うつもりでシャンプーしましょう。

頭皮を「ほぐす、押す、引き上げる、軽くたたく」などの一連のマッサージを行うことにより、頭皮の血液の循環が良くなり、毛根に栄養を多く供給することができます。
そうすることで、髪の毛のハリ・コシが高くなります。

1





ピュンマさん