1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

永田町の怪僧!?池口恵観法主ってどんな人?

東京都千代田区にある朝鮮総連中央本部の土地と建物を落札した鹿児島県の宗教法人最福寺の法主(ほっす)・池口恵観氏。護摩行で知られる池口法主ですが、永田町の怪僧という異名を持つ謎の多い人物です。

更新日: 2013年03月27日

40 お気に入り 120230 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あちこすさん

朝鮮総連中央本部の土地と建物を落札した最福寺

整理回収機構などにより競売となっていた、東京都千代田区にある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地と建物の入札結果が26日に発表され、鹿児島県の宗教法人である最福寺が45億1,900万円で落札した

最福寺法主(ほっす)池口恵観とは?

1936年鹿児島県肝属郡東串良町生まれ。
高野山大学文学部密教学科卒業。

衆議院議員馬場元治の秘書をしていた1961年、三無事件に関わり逮捕される。1967年(昭和42年)、宗教法人「波切り不動最福寺」を設立。1971年(昭和46年)、学校法人最福学園を設立し幼稚園等を経営。

俗名・鮫島正純

池口恵観 - Wikipedia http://p.tl/sKCt

▽護摩行で知られる池口法主

池口法主は、鹿児島市にある「最福寺」で護摩木を焚く護摩行で知られ、“炎の行者”としてメディアでもたびたび取り上げられてきた

▽何度も訪朝、朝鮮総連首脳とも親交

ハイジャック事件「よど号グループ」メンバーと会ったこともあるとしている

▽政界やスポーツ界などにも人脈

出典ameblo.jp

鹿児島市にある最福寺は、元プロ野球選手の清原和博氏や金本知憲氏、阪神の新井貴浩選手らアスリートが訪問していたことでも有名。護摩木をたいた火柱の前で経を唱える護摩行で修行を積んでいた。

イザ! http://p.tl/tOw1

護摩行に訪れる元プロ野球選手の清原和博氏や金本知憲氏らをはじめ、作家の家田荘子氏や実業家の角川春樹氏ら、数多くの著名人が師事

安倍晋三を始めとする多くの政治家と親交があることから永田町の怪僧の異名がある

ネット上では

へぇ。この人が朝鮮総連中央本部を落札し、会見する池口恵観法主ですか。覚えておこう。 twitpic.com/cemqsm

【怪しさ満点】公安が「対日工作拠点」とみなしている朝鮮総連本部の土地・建物を落札したのは宗教法人最福寺(鹿児島市)で、同寺の池口恵観法主。 もう、朝鮮総連に貸す気まんまん。

【最福寺の怪しい住職、池口恵観】最福寺は、明治維新後の神仏分離令で、長い空白期間があった。経緯は判らないが、今の住職の池口恵観(鮫島 正純)が1989年に手に入れて、事実上新設。この池口恵観という爺さん、過去に政治絡みの事件に関わっている。暴力団との関係も?かなり胡散臭い。

三無事件のwikiみたら、『池口恵観 (25) - 事件当時・鮫島正純(事件後母方の姓に改姓)』って書いてある (◎_◎;)

池口恵観は三無事件よりは清原がやる護摩行の住職って印象が強いよな。震災直後の時期に訪朝したのを報道特集が密着してた。

ここの所、突っ込みネタに困っていた旧嘉田新党支持者にとっては絶好の小ネタだな。 >池口恵観と安倍晋三の関係

朝鮮総連会館(?)を落札した池口恵観って確か安倍晋三を始めとする自民党右派の後ろだての一人だよな。面白い。しかし「平成12年12月中国南京大虐殺記念館にて供養西安青龍寺にて 世界平和祈願並びに慰霊祭報告法要/平成13年1月自民党参議院議員冬期研修セミナー特別講演」って経歴も凄い

1 2