1. まとめトップ
  2. 雑学

中華料理屋でよく見る「福」の文字が逆さまな理由

中華屋さんに行くとよく「福」という字が逆さまになって貼ってあるのを見かけますが、なぜ逆さまなのか調べてみました。

更新日: 2013年03月27日

120 お気に入り 237121 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takeytakeyさん

みなさんも疑問に感じている様子

中華料理屋などで見かける「福」の字の逆さま看板はどんな意味があるのですか?

気になります

中華料理屋さんの前を通ったときに「福」という漢字が上下さかさまになっているのを見ましたが何か意味があるのでしょうか。

言われてみれば確かによくある。

倒福(とうふく)というらしいです。

倒福とは春節の際に家々に貼られる「福」の字を書いた赤色の紙。

一般に上下逆さまに貼ることから「倒」(逆さにする)「福」と称される。

いろんな願いを託すためのゴロ合わせだった

「到着、来る」という意味をする「到」も、「逆さま」という意味をする「倒」も、(dao の第4声)、同じ発音をしている。

「福」を逆さまにする=「福」が倒れる事を、中国語で福倒了(フー・ダオ・ラ)と言う。
 「福」が来る事を、中国語で福到了(フー・ダオ・ラ)と言い、文字は違えど、発音は同じ。

「倒福(福が逆さ)」=「到福(福が到る)」の意味を表します。

「倒福」を貼る場所

通常は福が来る(福が到る)ように、門などの入口や戸口、外から目に見える場所に貼ります。

一般家庭でも貼るところでは貼ります。
飲食店などでは、店の中の壁にも貼ってあったりしますね。

倒福についての民間伝説

1