1. まとめトップ
  2. ガールズ

知らなかったよ私の顔パーツ『蒙古ひだ』が地味に強烈!

蒙古ヒダ(モウコひだ)、瞼鼻ヒダ(ケンビひだ)、あるいは内眼角贅皮(ぜいひ)と呼ばれる。どこかわかりますか?あなたの一重の原因かもしれません。解消方法、デカ目、二重になるテクニックまとめです。(別名蒙古皺襞(もうこしゆうへき)とも)※なおこれらの手段での効果を約束するものではありません

更新日: 2017年02月13日

1517 お気に入り 1581007 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

ずっと見てきた自分の顔にありました…

蒙古ひだ、どこでしょうか

自分の顔、鏡をみつつ

探してみて下さい。

答えは下画像をチェック!

蒙古襞(もうこひだ)とは、目頭の部分を覆う上まぶたのひだのこと

西洋人の目の大きな特徴として、
蒙古ひだがなく、平行二重まぶたである

西洋人にはほぼ100%無い。

日本人では幼年期には男女とも100%

稀にない人も。加齢で減少していく。

目が小さく見えることもある

眼球のサイズは人間ほぼ同じ。違うのはまぶた。

写真赤い矢印部分が

蒙古ひだ。

涙丘が隠れて見えない人は
蒙古ひだがあるということになります。

自分の顔の印象を決める、目の大事なパーツ

これが張りすぎていると目が細くなったり、
目と目が離れて見えてしまいます。

蒙古ひだが無い場合、目が大きく、ぱっちりとした印象を与えがち

美容整形業界でも「蒙古ひだがある方が顔立ちが幼く見える」
と言う解釈が一般的

ほとんどないような状態だと、
目が顔の中央に寄りすぎて、きつい印象に

バランスが大事

蒙古ひだを切ることで眼が大きく見える、離れて見える眼が
近づく、二重のラインが平行型になりやすくなるなどの効果

美容整形で目の魅力を方向付ける重要な箇所です。

目頭切開にも
いろいろあるようです。

(画像は一例です)

蒙古ひだを減少させるテクニック

東洋人はこの蒙古ひだのおかげで
目元のハリがあるといいます。本来ちゃんと
意味がある顔のパーツなんですね。

でも、ぱっちりした眼にあこがれる…

そこで整形に頼らない、切らない、
ヒダが目立たなくなるという簡単な
方法をいくつかご紹介します。

(不安を感じる方、程度がわからない方は
無理せず医師にご相談下さい)

指の関節で高くしたい部分をコツコツと叩きます。

目頭近くの鼻の根元を高くし、隆起した鼻によって蒙古ひだを緩和する『鼻叩き』
時間は適当に、成長期に効果あり、とのこと

蒙古ひだ辺りを人差し指と親指の腹でつまみます。

この時の人差し指と親指の深さは、眼球を傷つけないように、
眼球に当たるちょっと手前ぐらいの感覚です。

鼻の根元部分を深くつまむ事が出来たら、
そのまま少し強い力で30秒、
慣れたら1分を上限にしてつまみ続けます。

一日一回 『目のマッサージ』

※効果には個人差があります。違和感を感じたら直ちに中止して下さい。
専門機関でご相談下さい。

詳しいリンク

1