1. まとめトップ

Google+(グーグルプラス)が危険すぎる!Google+の利用で注意すべき点

Google+は、Gmailアカウントなどと共通のプロフィールが利用されて非常に危険性が高いと言われています。自分で公開したくない情報まで公開されている可能性があるので、出来る限り利用を控えるようにした方が良いでしょう。

更新日: 2014年05月04日

49 お気に入り 290738 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nobuyuki5さん

Google+(グーグルプラス)の危険

“一般公開”で投稿すると、即座に Google に Index され、全世界の誰もが見られる状態になります。

一般公開以外(”あなたのサークル”や”友だちの友だちサークル”など)は全て”限定公開”です。一般公開と限定公開は大違いだということをまず認識しておきましょう。

Google+では、東京都などのキーワードで検索して、出会い系のような形で利用する事も可能になっています。

Google+で公開される危険な情報

プロフィール項目公開範囲
紹介文ウェブ上の全てのユーザー
自慢できることウェブ上の全てのユーザー
勤務先ウェブ上の全てのユーザー
学歴ウェブ上の全てのユーザー
住んだことのある地域ウェブ上の全てのユーザー
連絡先(自宅/仕事)あなたのサークル
パートナー関係友だちの友だちサークル
広げたい関係友だちの友だちサークル
性別ウェブ上の全てのユーザー
その他(旧姓など)ウェブ上の全てのユーザー
リンクウェブ上の全てのユーザー

Googleを利用すると、勝手にグーグルプラスのプロフィールが作られ、公開される

利用者がグーグルのアカウントを開設すると、グーグルプラスのプロフィールページが自動的に作成されるようになった。Gmailのアカウントを作成するだけでも、だ。グーグルプラスのプロフィールページは誰でも閲覧可能

Google +のサークルは危険

全く盛り上がっていないGoogle Plusのサークル

わたしのGoogle Plusのサークルを見ても、閑散として盛り上がらず、登録しても全く投稿してない人が大半だ。招待してと頼まれて何人か招待したけど全員一回も投稿してない。

他のユーザが共有するサークルを安易に追加するのは危険

具体的な使い方の例で言いますと、「写真家サークル」や「絵かきサークル」などの人に勧めたいサークルを持っている場合、そのサークルのコピーを他の人と共有できます。そして、他の人が共有したサークルを自分のサークルとして追加することもできます。

ユーザが互いにお勧めのユーザをまとめて紹介できる良い機能です。ですが、この機能を悪用するユーザもいるのです。他のユーザが共有するサークルを安易に追加するのは危険です。

Googleアカウントの停止リスク

Googleアカウントを停止されるとGoogleに関するサービスすべてが無効になる。もちろんGmailやAdSense関連の機能も完全に停止されてしまう。

1