1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

nekolunchさん

次期iPhoneとして注目される「iPhone5S」や「低価格版iPhone」について、信頼できるアナリストとして日本、そして海外で注目される『Ming-chi Kuo氏』の発言をまとめてみました。随時更新中。

◆信頼できるアナリストMing-chi Kuo氏について

KGI Securitiesのアナリスト。
Appleの将来の製品供給を予測する上で信頼性の高い実績を持っている。
第4世代iPadの発売時期を正確に当てた。iPhone5やiPad Miniの発売時期や、スペック、デザインの予想もかなりの精度だった。

◆iPhone5S 発売日予想

iPhone5Sと、低価格版iPhoneは2013年6~7月に発売されるだろう。

今年後半にホームボタンの下に指紋センサーを搭載したプレミアムモデルのiPhone 5Sがリリースされる予定。

iPhone5Sと低価格版iPhoneの製造をFoxconnとペガトロンの2社が担当するだろう。

iPhone5Sの指紋センサーに生産上の課題。iPhone5Sの発売時期は第3四半期にずれ込むだろう。

◆iPhone5Sのデザインや、スペック、機能予想

iPhone5Sは、28nmプロセスによるA7プロセッサ、指紋認証センサー、スマートLEDフラッシュなどを採用し、バッテリー容量が1600mAhとりそうだ。

iPhone5SはiPhone5と同じ薄いアルミニウム・シャーシを使用するだろう。

低価格版iPhoneは、4インチの画面、グラスファイバーとプラスチックによるハイブリッドケースを使用し、厚さは、平均的なプラスティックケースの厚み0.7~1.0mmよりも薄い0.4~0.6mm。ただし、アルミニウムシャーシより若干重くなるだろう。

低価格版iPhoneは、ブラックとホワイトに加え、4~6色のオプションが用意されているようだ。

低価格版iPhoneに4.5インチのディスプレイを搭載するという噂を否定。4インチのディスプレイが搭載されるだろう。

◆参考記事

1