出典 porcini.at.webry.info

“毛づくろいをしていると、時々あごが引っかかって猿ぐつわ状態になります

首輪を外そうとしたり、毛づくろいをしている最中に、首輪が口に引っかかり外れなくなってしまう事故です。歯や歯茎を損傷したり、上記の「たすき掛け」事故のような裂傷を口の周囲に負ってしまう危険性があります。

この情報が含まれているまとめはこちら

猫に首輪は付けないで!首輪が原因で起こる悲しい事故

猫の首輪には、今はリボン付きのものやネクタイ風のもの、レース襟タイプなんかもあって本当に愛らしいですよね。ですが、首輪が原因で、猫が命を落としたり、重篤なケガを負う事故が後を絶ちません。主な事故の例とその予防策をまとめました。※リンク先には猫の傷痕を写した写真もあるので、苦手な方はご注意ください

このまとめを見る