レンが口から血を流して痙攣してるように見えた。
慌てて抱きかかえると首輪が猿ぐつわになっていた。
苦しくってもがくから首輪はどんどん口に喰い込んでいく。
大の男二人が押さえてもレンの暴れるのを抑え切れない。

出典ニャンニャ・ミーア!: 不幸中の幸い~レンの首輪の事故について~

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

猫に首輪は付けないで!首輪が原因で起こる悲しい事故

猫の首輪には、今はリボン付きのものやネクタイ風のもの、レース襟タイプなんかもあって本当に愛らしいですよね。ですが、首輪が原因で、猫が命を落としたり、重篤なケガを負う事故が後を絶ちません。主な事故の例とその予防策をまとめました。※リンク先には猫の傷痕を写した写真もあるので、苦手な方はご注意ください

このまとめを見る