1. まとめトップ

Googleマップを100倍便利に使う方法

とても便利なグーグルマップですが、実際には周辺の施設、建物検索や経路、ナビといった基本的な使い方しかしていない人も多いのでは?。でもちょっと勉強するだけで、あなたのグーグルマップが100倍便利なアプリに変身するかも知れませんよ。そんなグーグルマップの便利機能の簡単な説明と勉強できるリンクを紹介します

更新日: 2013年03月28日

209 お気に入り 183293 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ma-machanさん

パソコンのマイマップと連携させて自分だけのカフェマップを作ろう!

出典juggly.cn

Googleマップでブラウザのブックマークのようにスター(マイプレイス)を活用している人は多いのでは?。でもスターが増えすぎるとそこから目的の場所を探すのも一苦労。そんな時はPC版のGoogleマップと連携させることで、スターをスッキリ整理することが出来ますよ。スターをカテゴリごとに分類することで、お気に入りのカフェマップや「東京」などといった地区別マップ等、自分だけのマップが作れちゃいます。さらに旅行前にピンポイントでマイマップを作成することで、より便利に旅行を楽しむことも出来ますよ

スターをカテゴリ分けすることで、用途に合わせた自分だけのマップが作成できる

PCからマイマップのカテゴリを作成し、そこにスターを付けた住所を保存するだけで、用途に合わせて整理整頓されたマップが作成できます。作成した自分だけのマップは、スマホのレイヤ→マイマップから呼び出し、任意のカテゴリはレイヤとして地図上に表示出来ます。行き先までナビする場合でも、表示されたピンをクリックするか、もしくは左下に表示される検索アイコンをタップすることで簡単に選ぶことが出来ます

ピンポイントでマイマップを作成することで、任意の名称を付けたり、簡単な説明書きが付けられる

旅行などで行きたい場所にスターを付けても、ランドマーク以外では住所だけで表示される事も多く、分かりにくく感じた事は無いですか?。PCから直接ピンを立てると、そこの名称に「お土産や」「クレープ屋」など自由に付けられるためとてもわかりやすくなります。さらに説明欄に「ここで写真を撮る」や、電話番号など記入しておくと、スマホのマイマップ欄でその説明も一緒に表示されるためとてもわかりやすくなります

*なお「マイマップ」は作成時、一般公開と公開限定が選べますので、自分だけのマップの場合は必ず「公開限定」を選んでください。仮に友人の自宅に電話番号等を説明欄に記載したマイマップを一般公開してしまうと、全世界に向けて友人宅と電話番号などを公開してしまうことになります。安全性を考えるなら、プライベート情報はマイマップで作成せず、あくまで公共や一般施設などに限定して作成することをオススメします。なお作成したマイマップはパソコンからのみ削除することが出来ます
●マイマップの削除 - Google マップ | Google Groups
https://groups.google.com/a/googleproductforums.com/group/maps-ja/browse_thread/thread/f46cfd9d6b117d21

いつもビミョーな所で待ってるアイツ…でもLatitudeがあればもう大丈夫

友達と待ち合わせしたけどどこにいるか分からない!。はたまた子供が迷子になってしまった!。そんなときは事前にLatitudeで相手と共有しておくことで、現在その相手がどこにいるのかマップ上のピンや画像でお知らせしてくれます。これをうまく使えばスマホを無くしてしまったときなどにも、共有相手のスマホから場所を特定することが出来るかも?。さらにマップ上に現れた共有相手と数タップで電話連絡することなども可能。その他GPSロガー機能も付いているので、後から自分の移動履歴などを確認することも出来ます

Latitudeで共有しておくことで、知人などの現在地がマップ上で把握することが出来る

さらにその知人が今居る場所のストリートビューも表示可能です。ただし所在地が丸わかりなため、普段はログアウトしておいて、使うときだけログオンにするなど気をつけていないと、自分や相手の行動が全て丸わかりになってしまいますので気をつけてください。また共有受け入れの際には「相手の場所は受け入れるけれど、自分の場所は知らせない」など設定することも出来ます

さらにGPSロガーとしての機能も付いており、後から自分の移動情報を詳しく知ることが出来ます

設定からワンタップでスマホがGPSロガーになります。ログ取得は頻繁に移動していれば数分毎、一箇所に留まっていれば1時間毎など、バッテリー消費を考えながら記録してくれます。記録したログはスマホからもパソコンからも閲覧可能。ログはPC上に表示されるカレンダーから簡単に選択することが出来ます。さらにログが溜まるとダッシュボードから行動履歴を円グラフで見ることも出来ちゃいます。なおこの機能は共有設定しなくても使用できます

あいつがうまいって言ってたオススメの店ってどこだったっけ?

行きたい飲食店などを探すとき、一度ブラウザからクチコミなどを確認して、それからマップに店名を入力したりしている人、いませんか?。Google+ローカルを使えば現在地に近い飲食店や観光スポット、ATMなどなんでも探してくれます。もちろんカテゴリ以外にも自分でジャンル等入力して検索が可能。検索結果からその店の口コミや、写真、対応しているお店なら店内のストリートビューまで見ることが出来ます。さらに友人、知人のレビューを限定して表示することも出来ますよ

ブラウザを立ち上げること無く周辺や任意の場所の口コミや写真が閲覧可能。さらに知人限定のレビューなども閲覧できます

もちろん閲覧するだけじゃ無く、Google+ローカルを使って自分でレビューを書き込むことも可能。近くのお店探しやATM、タクシーなど、なんでも簡単に探すことが出来ます。さらに口コミや写真はもちろん、対応しているお店ならストリートビューで店内の雰囲気を確かめることが可能。新しいお店開拓にも役立ってくれます

知らない街でも事前に渋滞チェックして回避するオレ、カッコいい

渋滞にはまってイライラ…でも走り慣れた道じゃ無いから脇道とかも知らないし…。そんな知らない土地でもGoogleマップの交通状況を使用することで、現在走っている道の渋滞状況はもちろん、その他日本全国の主要な道路の渋滞状況まで一目で判断することが出来ます。さらに曜日や時間を設定することで、その時間帯の典型的な交通状況も確認することが出来るので、事前に調べておけばそのような道路を未然に回避することも出来ます

リアルタイムの渋滞状況を色分けで表示し、さらに時刻などを設定することでその条件での典型的な交通状況も確認できる

交通状況はマップ、ナビ、両方で表示可能。ナビで使用した場合、目的地までの到達時間は、通る道の交通状況を自動で計算して表示してくれます

色分けの意味は「緑=空いている」「黄色=やや混雑」「赤=かなり混雑」「黒=大渋滞」となっています

信号機と一緒と記憶しておけばわかりやすいですね。ちなみに灰色は情報が無い道路になります。なお高速道路の場合、「緑=80キロ以上で走行可能」「黄色=40~80キロで走行可能」「赤=40キロ未満で走行可能」「黒=ほとんど進まない状況」となっています

東京駅でも羽田空港でももう迷わない。そうAndroidならね

東京駅はもはや迷宮…。そんな方や初めて踏み入れた建物でも、インドアGoogleマップがあればもう大丈夫。通常のマップ操作通り、東京駅など主要な建物をどんどんズームアップしていくと、そのままフロア内まで表示してくれます。もちろん現在地も表示され、トイレやエレベータ、テナント名やレジまで表示してくれちゃいます。さらに建物内徒歩経路検索にまで対応したので、これで迷子とはさよならできるかも?

建物のフロアマップ表示の他、目的のテナントや施設までの徒歩経路案内にも対応している

たとえば「キャッシュコーナー」と入力すると、近くのキャッシュコーナが表示され、その階までの移動経路や、どのエレベーターやエスカレーターを使用するのかまでナビしてくれます。

1 2