1. まとめトップ

【関ジャニ∞】丸山の山と安田の田で山田【癒し系コンビ】

関ジャニ∞の癒し系コンビ、山田についてのまとめです。ジュニア時代~関ジャニ∞と長年苦楽を共にしてきた2人について、代表的なエピソードをまとめてみました。

更新日: 2014年03月05日

438 お気に入り 408237 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ジャニーズ事務所入所

1997年に同じオーディション受け、合格。オーディション時、丸山は中学2年生、安田は中学1年生。
そこで二人は初めて会い(正確には丸山は二度目のオーディションだったが)、安田は当時の丸山のことを「キラキラしてて、滝沢くんと同じところにいた」と語る。
その時のオーディションでは錦戸・大倉も合格しており、全員同期である。

ジュニア時代のユニット

二人は関西Jr.を中心に結成されたB.I.G. Westに所属し、丸山は初代リーダーを務める。そこには錦戸や大倉も所属していた。
その後、V.WESTというバンド形式のユニットを結成し、安田はギター、丸山はベースを担当。そこでは安田がリーダーを務める。

当時、スタジオ練習の帰りに、二人は梅田駅付近で弾き語りの路上ライブをしていたこともあった。Mr.Childrenなどをカバーし、それを聞いていたサラリーマンのおじさんが感動して5000円をくれたエピソードも。その時の5000円は、今でも安田が大事に持っているだろうと丸山は写真集の「for No.∞」で語っていた。

伝説のホノルルハーフマラソン

1988年より放送された、ジャニーズJr.がメインのバラエティ番組「8時だJ」にて行われたホノルルハーフマラソン。現在の関ジャニ∞メンバーも参加していた。
そこで人気メンバー(タキツバ、嵐など)を抑え、当時中学生であった丸山安田が笑顔でワンツーフィニッシュをする。二人は今と違って空気が読めなかった為、後に大人達に怒られてしまったとか。

関ジャニ∞の山田

2004年に関ジャニ∞としてデビューし、デビュー曲「浪花いろは節」で二人は息の合ったラップパートを担当。
山田という漫才コンビを結成し、コンサート等で漫才を披露。お互いの家に泊まりネタ作りをするなど、活動は本格的であった。
8ESTツアーでも山田は再結成され、ショートコントを披露し観客を沸かせていた。

単発ドラマ初主演「自転車少年記」

2006年にテレビ愛知製作でドラマ化された「自転車少年記」。
そこで二人はドラマ初主演を果たした。劇中にある喧嘩シーンでは、普段の穏やかな二人からは想像出来ないような迫力のある演技で、それぞれ昇平・草太を熱演。
メイキング映像では相変わらず息の合ったコンビネーションで、番宣用の映像を撮ってはしゃいだり、記者会見では制作の裏側などを楽しそうに語っていた。

漫才コンビを演じた「0号室の客」

2009年より放送された「0号室の客」。
横山がストーリーテイラーを務め、”Second Story 才能のある男”でトリプルダイナマイトという漫才コンビを演じた。
劇中では丸山がツッコミ役、安田がボケ役で、普段の二人とは正反対な役柄であった。しかし、メイキングでは丸山がボケを連発し、それを横にいる安田が笑い、いつも通りの二人であった。

ヨコヒナの代打「山田のレコメン」

2009年、横山村上がメインパーソナリティを務める文化放送のラジオ番組「レコメン」に、多忙な二人の代打として山田が登場。
当初は丸山単独という話だったが、スタッフが一抹の不安を感じ、安田を加えて山田のレコメンに。オープニングからハイテンションで、ジングルまでこの日の為に作られた。
番組の途中で横山がスタジオに入ってきても、二人の山田押しが続くので横山にうんざりされることも。

山田の共通点

二人は同じA型で、底抜けに優しく温厚な性格。
人に厳しく当たることはなく、文句を言わずコツコツ努力するタイプ。
関ジャニ∞は大阪出身がほとんどの中、丸山は京都府出身で、安田は兵庫県出身。

ジャニーズアイドルとしてのポテンシャルは高く、歌・ダンス・楽器・演技・ファンサービスを器用にこなす。
関ジャニ∞の曲ではよくハモりパートを担当し、ファンの間ではハモり職人と呼ばれることも。
また、偶然同じ時期に連続ドラマ初主演を務めたり、2013年冬クールでも二人はそれぞれ人気ドラマに出演し、ファン以外からもその演技力に注目された。

嬉し恥ずかしラブレター

KANJANI∞ LIVE TOUR 2010→2011 8UPPERSの人気コーナー、WINK KILLERの罰ゲーム。ここで安田は丸山に対し、白紙の手紙を読んだ。
罰ゲームであるのにも関わらず、丸山は始終手紙を読んでもらいたいと言っていた。

手紙の内容は、初めてオーディションで会ったときのこと、辛い時はお互いの頑張る姿を見て頑張ってこれたこと、最近は丸山のわだかまりがなくなって良かったということ等。
わだかまりというのは安田側の言葉のチョイスミスであったが、丸山にはしっかりとニュアンスが伝わっていたそう。このように、時々二人にしか分からない会話がある。

太陽が生んだ奇跡!灼熱!アフリカ大紀行

2011年に日本テレビ系列で放送された「太陽が生んだ奇跡!灼熱!アフリカ大紀行」では、二人でアフリカ北西部・モーリタニアを訪問。
実際に民族衣装を身にまとい、砂漠での暮らしを体験。そこでは、丸山がまるでお兄ちゃんのように、珍しくはしゃぐ弟・安田を微笑ましく見ている場面も。
街に繰り出して買い物をした際、安田がレディースの服を気に入りその場で購入。後にパーソナリティを務めた24時間テレビ内のしゃべくり007で、その服がスケスケでビックリしたことを丸山が話していた。

テレビ番組のレギュラー

1 2