1. まとめトップ

【英語】この時代に生きる 私たちの矛盾

便利な世の中になっても、殺伐とした空気が広がって久しい。でも景気が悪かったり、生活が苦しいからといって、人生まで暗く悲しくする必要はないんだと、気付かせてくれる言葉です。

更新日: 2013年07月30日

114 お気に入り 37737 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

masa.817さん

ジョージ・カーリンの言葉と言われていますが、Bob Mooreheadという牧師さんの説教がアレンジされたものだそうです

What a difference a sad event in someone's life makes.

悲しい出来事が誰かの人生をこんなに変えるとは。

The paradox of our time in history is that we have taller buildings but shorter tempers, wider Freeways , but narrower viewpoints. We spend more, but have less, we buy more, but enjoy less. We have bigger houses and smaller families, more conveniences, but less time. We have more degrees but less sense, more knowledge, but less judgment, more experts, yet more problems, more medicine, but less wellness.

歴史の中で我々の時代の矛盾というと、我々はより高い建築物を持っているが、癇癪袋の尾は短くなり、フリーウェイは広くなったが視点は狭くなったことだろう。我々は、より多く消費し、持っているものは減っている、我々はより多く買うが、楽しむことは減っている。家はより大きくなり、家族はより小さい、ずっと便利になったが、時間が減った。学位は増えたが常識は減った、知識は増えたが分別は減った、その道のプロは増えたが、問題はまだまだ多い、薬は増えても、健康な人は減った。

We drink too much, smoke too much, spend too recklessly, laugh too little, drive too fast, get too angry, stay up too late, get up too tired, read too little, watch TV too much , and pray too seldom.

我々は、飲みすぎ、吸いすぎ、あまりにも無謀に過ごし、ほんの少ししか笑わず、スピードを出しすぎ、怒りすぎ、あまりにも夜遅くまで起きていて、おきたときには疲れすぎている、読書量も減り、テレビを見すぎている、そしてお祈りする時間があまりにも少ない。

We have multiplied our possessions, but reduced our values. We talk too much, love too seldom, and hate too often.

我々は、持ち物を増やしたが、価値を減らした。我々は、しゃべりすぎ、ほとんど愛さず、あまりにもしばしば憎む。

We've learned how to make a living, but not a life. We've added years to life not life to years. We've been all the way to the moon and back, but have trouble crossing the street to meet a new neighbor. We conquered outer space but not inner space. We've done larger things, but not better things.

我々が学んだのは、生活の仕方で、生き方ではない。増えたのは寿命で、人生ではない。我々は、月まではるばる行って帰ってくることができたのに、通りを渡って新しい隣人に会うことに苦労している。宇宙は征服しても、体内はまだだ。より大きなことは成し遂げたが、より良いことは成し遂げていない。

We've cleaned up the air, but polluted the soul. We've conquered the atom, but not our prejudice. We write more, but learn less. We plan more, but accomplish less. We've learned to rush, but not to wait. We build more computers to hold more information, to produce more copies than ever, but we communicate less and less.

我々は、空気を清浄にしたが、魂は汚染した。原子を征服したが、差別はまだだ。より多く書くが、学びは減っている。ずっとたくさんの計画を立てて、成し遂げることは減った。待つことではなく、急ぐことを学んだ。より多くの情報を抱えこむためにコンピュータを作り、今まで以上の複写を生み出したが、互いに連絡をとることはどんどん減っている。

These are the times of fast foods and slow digestion, big men and small character, steep profits and shallow relationships. These are the days of two incomes but more divorce, fancier houses, but broken homes.

これは、ファーストフードと遅い消化、ちっぽけな人格のデカイ人間、法外な利益と底の浅い人間関係の時代だ。これは、共働きで離婚がもっと多く、立派な家での崩壊した家庭の日々だ。

These are days of quick trips, disposable diapers, throwaway morality, one night stands, overweight bodies, and pills that do everything from cheer, to quiet, to kill. It is a time when there is much in the showroom window and nothing in the stockroom. A time when technology can bring this letter to you, and a time when you can choose either to share this insight, or to just hit delete...

これは、急ぎの旅行、使い捨てオムツ、モラルの投げ捨て、一夜の情事、太りすぎの体、励ますことから沈静させること、殺しまで全てをさせる薬の日々だ。ショールームの窓にたくさんの物が飾られ、倉庫には何もない時代だ。この手紙をテクノロジーがあなたにもたらし、この洞察を他の人と分け合うか、消去ボタンを押すかの時だ…。

Remember; spend some time with your loved ones, because they are not going to be around forever.

覚えていて;あなたの愛する人と時間を過ごしなさい、なぜならその人たちは、永久にあなたの周りにいるのではないから。

Remember, say a kind word to someone who looks up to you in awe, because that little person soon will grow up and leave your side.

覚えていて、あなたを尊敬のまなざしで見る人たちに、親切な言葉を言いなさい。なぜならその小さい人は、すぐに大きくなって、あなたのそばから離れてしまうから。

Remember, to give a warm hug to the one next to you, because that is the only treasure you can give with your heart and it doesn't cost a cent.

覚えていて、あなたの隣の人に暖かいハグを与えることを。なぜならそれがただひとつあなたの心から与えることができる宝であり、一銭もかからないことだから。

Remember, to say, "I love you" to your partner and your loved ones, but most of all mean it. A kiss and an embrace will mend hurt when it comes from deep inside of you.

覚えていて、「愛している」とあなたのパートナーと愛する人たちに言うことを、そして大事なのは本気で言うこと。心のおく深くからきたキスと抱擁は、傷ついた心を治します。

Remember to hold hands and cherish the moment for someday that person will not be there again.

手をつないでその瞬間を愛しむことを忘れないで、その人はいつか再びそこにいなくなるから。

Give time to love, give time to speak! And give time to share the precious thoughts in your mind.

愛するために時間を与えよ、話すために時間を与えよ!そして、あなたの心の中の素敵な考えを分け合う時間を与えよ。

AND ALWAYS REMEMBER:

そしていつも心に留めておいて:

Life is not measured by the number of breaths we take, but by the moments that take our breath away.

人生とは、私たちが息をした回数ではなく、はっと息を呑む瞬間の回数によって測るのだ。

If you don't send this to at least 8 people....Who cares?

もし、あなたがこれを8人の人に送らなかったら…誰が気にするもんか?

1





このまとめへのコメント1

  • wynefさん|2013.07.27

    日本でいえば「たけしの感動秘話」!?

    いい言葉だと思います。ただ、これはもともとBob Mooreheadという牧師さんの説教がアレンジされたもので、ジョージ・カーリンは無関係です。本人に覚えのない言葉がネット上で「カーリン作」として広まることに彼はいちいち反論していて、この"PARADOX OF OUR TIME"についても毒舌家らしく「アホな糞の山(sappy load of shit)」と罵倒しています。wikiquote(英)「ジョージ・カーリン」のページでも 「間違った引用」として分類されています。日本でいえば「たけしの感動秘話」(でも本人は否定)という感じかも。
    http://en.wikiquote.org/wiki/George_Carlin

1