シャリシャリと歯にあたる玉子の殻。一瞬違和感を感じるが、すぐに食べて大丈夫なんだと思いなおす程度の歯ごたえ。玉子の殻というと、どうしても固い鶏の玉子の殻をイメージしてしまうが、うずらの玉子の殻はそのサイズに比例して殻が薄いため、噛めばちゃんと潰れてくれる。なんとなく自分が強くなった気になれる。歯ごたえとしては、川エビのから揚げとか、魚の骨せんべい程度といったところだろうか。

出典@nifty:デイリーポータルZ:うずらの玉子の串焼きは殻ごと食べられる

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

うずらを殻ごと食べる”うずら卵の串焼き”中毒者が急増中!?

興味津々ではあるけれど、秋刀魚の小骨でも気になる男が、違和感なくウズラの殻を食べられるのだろうか…。

このまとめを見る