1. まとめトップ

まるで別人!役作りのために肉体改造したハリウッドスターたち

役作りのために肉体改造したハリウッド俳優、女優の画像をまとめてみました。役者魂を感じますね。

更新日: 2013年03月29日

36 お気に入り 180724 view
お気に入り追加

クリスチャン・ベール

1974年1月30日
イギリスの俳優。クリスチャン・ベイルと表記されることもある。主にハリウッドで活躍している。

2002年の映画「サラマンダー」でのクリスチャン・ベール。

2004年の映画「マシニスト」
極度の不眠症という主人公を演じるために、30kg以上減量

なんとその後5ヶ月でバットマン役を演じるために39キロ増量。

ジャレッド・レト

1971年12月26日
アメリカ合衆国ルイジアナ州出身の俳優・歌手。
代表作はパニックルーム

新作映画『The Dallas Buyers Club(原題)』で女性に性転換したエイズ患者を演じた

14kg落として体重は53kgに

チャプター27では、ジョン・レノンを暗殺したマーク・チャップマンの役を演じるため体重を90ポンド(約30kg)増量

マシュー・マコノヒー

1969年11月4日
アメリカ合衆国の俳優、脚本家、映画プロデューサー、映画監督

The Dallas Buyers Club(原題、2013年全米公開)で余命半年のエイズ患者の役を演じるために減量

マシューはこの役のために30ポンド(約14キロ)やせる計画をしていたことを以前ウェブシリーズのトーク番組「ラリー・キング・ナウ」で明かし、さらに「この役をやるまでには、健康に見えないようにすべきだ」と語っていた。

映画『The Dallas Buyer's Club』の撮影風景

ロバート・デ・ニーロ

1943年8月17日
アメリカ合衆国の俳優、映画監督。
アカデミー助演男優賞を受賞した『ゴッドファーザー PART II』、アカデミー主演男優賞を受賞した『レイジング・ブル』、および『タクシードライバー』をはじめとするマーティン・スコセッシ監督の一連の作品への出演で知られる。

映画レイジング・ブルの前半のデニーロ。

レイジング・ブルの後半のデニーロ。
同じ映画でここまで変わるなんてまさに役者魂ですね。

とても同一人物には見えないですね。
27キロも増量したそうです。

50セント

読み:フィフティーセント
1975年7月6日
アメリカ合衆国のヒップホップMC、俳優、企業家、エグゼクティブプロデューサー、プロボクシングプロモーターである。ソロMCとしても活動するが、Gユニットの一員でもある。ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区ジャマイカ地区出身。

「All Things Fall Apart」で役25キロ減量。

コリン・ファレル

1976年5月31日
ハリウッドを中心に活躍するアイルランド人俳優。

1 2





平野源五郎さん

映画が好きです。