1. まとめトップ

たくさんあった!大阪発祥のいろんなモノ

有名なものから、「あ、これも?」といったものまで集めてみました。

更新日: 2014年09月14日

4 お気に入り 19910 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

humihikoさん

自動改札機

1967年3月、阪急北千里駅で世界初の自動改札機が運用開始。
開発は立石電機(現・オムロン)

先物取引場

1730年9月24日、大坂堂島に世界初の先物取引市場である堂島米会所が開かれる。

敷銀という証拠金を積むだけで、差金決済による先物取引が可能であり、現代の基本的な先物市場の仕組みを備えた、世界初の整備された先物取引市場であった。

カップヌードル

日清食品株式会社が1971年9月18日に発売。

チキンラーメンの日本国外進出を目指してアメリカ人バイヤーに売り込んだ際、手近に箸や丼が無いこれらの人々が砕いたチキンラーメンを紙コップに入れ、これに熱湯を注いでフォークで食べていた事がヒント

ボンカレー

1968年2月に、大塚食品工業より世界初の一般向けの市販レトルト食品として発売

会社にあった不良在庫のカレー粉をなくすためだったといわれている。

カッターナイフ

1956年、大阪市東成区のオルファ株式会社が開発。

ガラスの破片と板チョコからヒントを得て、
刃先をポキポキ折ることで最後まで切れ味を持続させる方式を考案、
世界初「折る刃式カッターナイフ」が誕生

スーパーマーケット

1952年4月1日、京阪スーパーマーケット京橋店が開店

しゃぶしゃぶ

1952年、大阪北新地のスエヒロ店主三宅忠一が命名

回転寿司

1958年4月、東大阪市に元禄産業株式会社の「廻る元禄寿司 1号店」 がオープン。

人形浄瑠璃

江戸時代初期、人形芝居が三味線音楽、浄瑠璃と結びついて生まれたとされる

たこ焼き

1935年、西成区の「会津屋」により開発。

たこ焼きの創始者は、西成区「会津屋」の初代・遠藤留吉とされている。

1933年、遠藤はラジオ焼きを改良し、従来のこんにゃくの代わりに
醤油味の牛肉を入れて肉焼きとして販売。

1935年、タコと鶏卵を入れる明石焼に影響を受け、
牛肉ではなくタコ・鶏卵を入れるようになり、たこ焼きと名付けた

宝くじ

大阪府箕面市箕面公園にある瀧安寺の富くじが発祥とされる(諸説あり)

瀧安寺で、正月の元旦から7日までに参詣した善男善女が、
自分の名前を書いた木札を唐びつの中に入れ、
7日の日に寺僧がキリで3回突き、3人の“当せん者”を選びだし、
福運の“お守り”を授けたのが起こりとされています。

1