前へ 次へ

YouTube

クリロワ&オフシアンニコフ/1999年世界選手権FD『アフリカンドラム』

解説者も「リスキーダンス」と称する程の超個性派作品。ディフェンディングチャンピオンでありながらメロディがなくドラム音が終始続くアフリカ音楽をチョイスという挑戦的試みをしましたが、世界選手権2連覇含みシーズン全勝という結果からも大成功だったと言えるでしょう。ハイテンポな音楽に負けない力強くスピード感のあるスケーティング、クリロワの長い脚を活かした独創的なリフト、そして2人の切れ味のある足さばきが見所です。ドラムのODでは超正統派『椿姫』のプログラムでジャッジの心を掴んでたからこそ出来たこのダンスかもだったと言えるかもしれません。

この情報が含まれているまとめはこちら

フィギュアスケートの重要ポイント『振付』に注目。有名振付師46人一挙ご紹介!

スポーツでありながら『音楽表現』を必要とされるフィギュアスケート。この希有な競技においては、振付師の存在も大きな鍵になってきます。日本や各国の有力の選手がどの振付師に依頼するかは大きな注目どころとなっています。

このまとめを見る