1. まとめトップ

【2017年】【人気ランキング】ハウスメーカー10社(口コミ評判、坪単価付き)

2017年&2015年&2014年のそれぞれのハウスメーカーのアクセスランキング!人気のハウスメーカーの特徴、評判などをまとめています。人気のハウスメーカー・住宅メーカーをチェック・比較して、理想のハウスメーカー選び&注文住宅に近づけてください。(suumo調べ)

更新日: 2017年09月02日

194 お気に入り 2894849 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yukicooさん

2017年のハウスメーカーのアクセスランキング!人気のハウスメーカーの特徴まとめ(suumoのアクセスランキング調べ)

タマホームが安い理由は主に
 ・オリジナル仕様の物はなく、一般部材の大量仕入れ
 ・人件費の削除(工期短縮、低工賃等)
だと思います。

特に人件費の削除が、クレームになりやすい理由です。様は、良い営業マンと現場監督、工務担当だったら、安くてもちゃんとした家になります。これは積水等の大手でも言える事です。
しかしそれなりの仕事をしてくれる下請けの工務店は、大体大手が押さえていたり、又は地元の小さなハウスメーカーとして建ててます。
もちろん工期短縮や低賃金でもきちんと仕事してくれるような所も有るとは思いますが、基本値段なりといった所が有るとは思います。

ただ、多少手抜きしたから必ずしも重大な不具合を出すかどうかは判りません。問題ない方も施工数から言えばかなり沢山いらっしゃるので、こればっかは運ですね。

クレバリーホームは、ホームページなどで安さをうたっていますが、安さを前面に出した営業スタイルではなく、コスト削減を意識していい家を建てようとしているように感じられます。それが、手間のかかるタイル施工や1階と2階の間の断熱材の施工。

法律などを満たすための技術は当然ですが、クレバリーホームは法律で定められていない「耐久性」や「防音」などについても住む人のことを考えた提案ができているように感じます。

ただ、クレバリーホームでも耐震性や居住性、デザインなどは、特にこれと言って、特筆するところは見受けられません。

2015年のハウスメーカーのアクセスランキング!人気のハウスメーカーの特徴まとめ(Yahoo!不動産のアクセスランキング調べ)

坪単価:-
※詳細はお問い合わせください。

私が建ててもらってるクラージュは建物性能に反比例して値頃感は高いです♪
木造在来ローコストメーカーの中では躯体レベルは大手に迫るトップランクメーカーだと思います。
(ちなみにユニバーサルホームも躯体良いと感じましたが、より剛性を感じたアエラにしました)
でっかい四寸集成材、分厚い基礎厚、アキレスのお高いボード、外張りと吹き付けの二重断熱等、高い剛性と高気密・高断熱を目指した仕様ですんで躯体性能の優秀さは目を見張ります。
基礎はベタ基礎で基礎厚もゴツくローコストメーカーの中では抜きん出てますし、良いものです。ただし元勤め先の価格もゴツい基礎構造には見劣りします。
GW挟んで基礎工事で建築中断していた間もブルーシートで基礎部分全体を養生してくれてましたので、現場大事にする気持ちは感じました♪
ちなみに我が家は坪単価は計算すると約51万(太陽光4kw、地盤改良、吹き抜けファン、一階照明、カーテン、水道引き込み等を含んで)外溝は別途見積り中。

価格レベルは タマH等のローコストHM < スミフ < 大手8HM の価格帯です。
HM比較サイトを見てもこのような資料です。 もっと安くしたいのなら信頼できる地場工務店を見つけ計画、工程チェック、完成検査など施主が時間と労力をかけて建築することです。

間取りプランも部屋の大きさは広くとり、使い勝手がよく、しかも効率よく延床面積、施工面積が減り、コストダウンを考えての提案や、デザインが良い提案を出して頂けて、提案力やスピーディは良いです。自分の希望オプションをいれすぎると、暴走をとめてコストダウンの事を伝えてくれました。忘れないように、確実にメモとっておられ、次回の打ち合わせ時には、確実なものになっていっています。見積もりも、詳細で、その上で確認をとることで双方の行き違いもなく、担当者との関係も良いです。設計士で知識や経験が豊富でわからないことは、根拠から伝えて頂け担当者の能力にもびっくりでした。遅くまでの話合いも疲れてるにも関わらず、顔色も変わらず一生懸命な対応も良かったです。軽量鉄骨よりは安いですが、そこそこな値段になり迷う面もありますが、契約に踏み切ろうと思います!!良い担当者に出会い、希望の間取り、外観、内装、デザイン、性能が自分にあえばいいのかなと。

坪単価:20万円台  坪20万円台からの耐震最高等級の家づくり

アイフルホームの最大の特徴は、ローコストであるということでしょう。
なかでも、インターネットで住宅を販売するアイプライムセブン(i-Prime7)は、坪単価20万円代からと、注目を集める商品となっています。(関東限定で販売されていましたが、2010年10月より全国に拡大されました)

2011年にトステムがINAXや新日軽などと共同でLIXILという会社を立ち上げています。部品の共同購入や車で言うプラットホームのような統一規格に則った商品開発が今度行われることによって、さらに商品が合理的に安くできるものと考えられています。大手ハウスメーカーのような大量受注が可能になっていますので、今後も楽しみなハウスメーカーになっていくのではないでしょうか。

アイフルは工務店に丸投げのFCで実体がない 。契約も工務店 。アイフルホームがどうと言われても 良いも悪いもない 。工務店によるとしか答えられないはず 。

坪単価(目安):30万円~50万円

今年12月に新築で建てました。(城東店です。)営業&現場監督の方は親身になってご対応くださり、設計の方もそつなく上手く設計くださいました。ただ、コーディネータの方の不手際で幾つか不満点も残ります。ただ総じて満足度の高い家が建てられたのでお薦めです。 (13/1/7)

フランチャイズの宿命だな。当然、優良地場工務店にあたるといい家になる。タマホームみたいなとこは現場監督が複数案件をかけもちするので、資材発注や役所申請におわれ、現場チェックはまずなされない、はじめ建設のような分譲系はもっとむごい。
大工は変わらん、タマから受けるか住友不動産から受けるか、クレバリービルダーから受けるかの違いだから 現場監督のチェック、指導体制で決まる。大手でも基本、家に関わるのは設計1、営業1〜2、現場監督1の3名、あとの取引先企業はどこも似てる 。

フランチャイズ系は、ビルダーによって変わってくる。普通のとこだと従業員数名で年間10数棟、これで良い現場監督、良い設計、良い営業が揃ってると、逆に積水ハウスなどより良い家がたつ 。営業はともかく、いい現場監督を見つけるのは非常に難しい

1 2 3