1. まとめトップ
  2. カラダ

あなたの肌が荒れているのは「シャワー」のせいかも…

ちゃんとお肌に気をつかっているのに肌荒れが治らない…。もしかして、シャワーで洗顔していませんか?

更新日: 2013年04月01日

621 お気に入り 235739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆シャワーを直接顔に当てて洗うと、楽だし気持ちいい!

シャワーから流れ出るお湯を直接顔にかけると、顔のすみずみまで洗えるような気がするし、何より早い(笑)

◆シャワーの刺激に肌は想像以上のダメージを受けていた…

テレビで美容家のIKKOさんも、シャワーで洗顔は絶対にだめ!!と言ってましたよ。

【シャワーの水圧によるダメージ】

浴室で洗顔料をつけた後の角質は、柔らかくなっています。
そこに強い水圧が加わると、洗顔料だけでなく、顔の角質まで剥がれ落ちてしまい、乾燥したり肌が荒れたりする原因になります。

顔を洗う時にシャワーのお湯を顔に直接かけていると、シャワーの水圧で毛穴が押されて垂れ下がっていきます。

せっかく洗顔によって浮かせた汚れが、シャワーの水圧で、毛穴に戻ってしまいます。

【シャワーの高い温度によるダメージ】

洗顔のためにいいとされている温度は32度~34度とすこしぬるめ。
体にかけるとかなりぬるすぎる温度です。

34度より高い温度ですすぎつづけると、すすいでいる間中皮脂が流れ出てしまいます。

◆肌に優しい洗顔の方法

手のひらに流水をためて肌にそっと当てながらすすぐといいでしょう。

どうしてもシャワー洗顔する場合は、水圧を弱くして温度はぬるま湯に設定しましょう。

1