1. まとめトップ

バルタン星人のデザイン変遷まとめ

バルタン星人(バルタンせいじん)は、円谷プロダクションが日本で制作した特撮テレビ番組シリーズ「ウルトラシリーズ」に登場した架空の宇宙人(異星人)。別名「宇宙忍者」。日本で最もメジャーな宇宙人であるバルタン星人の気ぐるみの変遷をまとめます。

更新日: 2013年04月01日

11 お気に入り 256291 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

legion96さん

初代

『ウルトラマン』第2話「侵略者を撃て」(1966年7月24日放送)に登場。

出典ameblo.jp

身長:ミクロ - 50メートル
体重:0 - 1万5,000トン[1]
出身地:バルタン星

撮影に使用された着ぐるみは、前作の『ウルトラQ』第16話「ガラモンの逆襲」に登場したセミ人間を改造したもの。セミ人間は回転しながら発光する両眼が印象的だったが、バルタン星人では発光する両眼を回転させ、さらに左右に動かせるよう機電担当の倉方茂雄が改良を施した。《Wikipediaより》

二代目

『ウルトラマン』第16話「科特隊宇宙へ」(1966年10月30日放送)に登場。

身長:ミクロ - 50メートル
体重:0 - 1万5,000トン

初代の着ぐるみが使用できなかったため(アトラクションで貸し出し中、または劣化のため使用できなかったとの説がある)[要出典]新規造型となり、より細身になった。こちらの方が成田亨によるデザイン画に近い。色彩は全体的に茶色で、顔のT字ラインとハサミが銀色。《Wikipediaより》

三代目

『ウルトラマン』第33話「禁じられた言葉」に登場。

身長:50メートル
体重:1万5,000トン
出身地:R惑星

体色は黒と銀を基調に、頬に青い模様があり、頭部が金色になっている。《Wikipediaより》

ウルトラファイト版バルタン星人

特撮テレビ番組『ウルトラファイト』の新撮部分に登場。本作では宇宙人も怪獣扱いするため、「バルタン」と呼ばれている。

着ぐるみはアトラクション用の物二体(初代を大改修した(耳などに面影が残る)物と、Jrの原型になった物)が使用された。《Wikipediaより》

レッドマン版バルタン星人

特撮テレビ番組『レッドマン』第13話、第16話に、どちらもジラースと共に登場。

バルタン星人Jr.

『帰ってきたウルトラマン』第41話「バルタン星人Jr.の復讐」に登場。

身長:ミクロ - 45メートル
体重:0- 3万トン
出身地:バルタン星

着ぐるみは『ウルトラファイト』に登場したバルタン(アトラクション用を転用)から型取りして新規造型されたものである。《Wikipediaより》

アニメ版バルタン星人

1 2 3