1. まとめトップ

【教えてあげて!】MD はパソコンに「デジタルで超速に」移せる

昔作ったMDのコレクションどうしてますか?iPodにしたからもう一度同じ曲をiTunesとかで買い直す、なんてもったいないでしょ?ほんの少しだけ出費は必要ですが、買い直すよりは絶対お得な「パソコンにデジタルで超速に」中身を移せる方法があるんです。MDのコレクションが多い人ほど参考になる豆知識。

更新日: 2013年04月08日

shunkakuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
71 お気に入り 294967 view
お気に入り追加

ていうかさ、CD買うお金無くて借りてた時期の、HDなんて持ってなかったときのMDに入ってるやつをどうにかパソコンに取り込めないだろうか⁇(^_^;)

◆みんなMD使ってた

今やなんだか微妙な存在となってしまったMD。でも、君はあの時間違いなく最先端で、僕の憧れだった。

カセットテープに代わる新しい録音媒体として脚光を浴びたMD。

簡単に録音できて、かつ曲の頭出しも一発でできる。

編集もできるし、曲名やアーティスト名も入力可能と、まさに至れりつくせりで大人気だったMD。

だからたくさんお気に入りの音楽をMDにせっせと入れては聞いていたものです。

◆MDをパソコンに移せなくて困っている人がけっこういる

周りに意外といるのかなー。こういう人。

昔書いてたオリジナル曲のマスタがMDしか残ってないので、パソコンに移したいんだが、thinkpadに、line-inが無い。マイク端子でもちゃんと取り込めるんだろうか。

取り込めるけど、Line-inだとアナログダビングになるし、なにより「再生時間=録音時間」なので途中で挫折するの間違いなし。

MDをパソコンにっていれれるんだっけ助けてぐーぐるせんせー

なんとかMDからパソコンに入れられないだろうかと画策してたけど無理だった\(^p^)/モウコンナジカンダヨ-

◆教えてあげたい!MDコレクションがパソコンに移せる

ステレオAVケーブルを使ってMDプレーヤーとパソコンをつなぐようなガジェットもありますが、それだとどうしても「アナログのダビング」になってしまいます。

それに何より、”再生時間と同じだけ”録音時間がかかるんですね。

これはMDコレクションが膨大であればあるほど、ちょっと尻込みしてしまいそう。

そこで、たくさんあるMDコレクションを「デジタルで」「超速に」パソコンへ移す方法。

◆「デジタルで」「超速に」パソコンへ移す具体的な方法

パソコンとUSB接続可能で音楽をデジタルのまま転送できるという製品。

入手性を考えると、MDの中身をパソコンへ移すなら今現在で唯一無二の存在と言っていい。

シルバーもある。

@mokkun_cafe ソニーのMDウォークマンの最後期のモデルはMDからパソコンに取り込めるものがありましたよ。 多分、SonicStage経由だと思いますが。

それが、このMZ-RH1です。

MZ-RH1はパソコンへデータを移す機能を搭載することで、デジタルオーディオプレーヤーへの橋渡しをする役割を担っていると思います

このポータブルMDをパソコンにUSB接続すれば、手持ちのMDコレクションをパソコンにデジタルデータとして吸い出すことができる。

※ただし、インターネット上の音楽配信サイトからダウンロードした曲、あるいは他のパソコンで”Net MD”モードで取り込んだ曲は転送不可。

◆ただし現在入手は困難なので、ヤフオクなどを利用

購入とレンタルの2パターンある。

手持ちのMDをパソコンに取り込むだけなら、レンタルを使うのが無駄がなくていいかも。

どのレンタル業者から借りるかは、過去の取引状況と評価をよく調べて自己責任で。

1週間レンタルなら2,000円くらいで済む。

MD音源をパソコンに取り込むのって一度アナログ回路通さなきゃいけなくて、めんどくさいよな〜と思っていたら。こんなスゲーアイテムあった。sony.jp/products/Consu…作業はイコール録音時間でなく、データー転送でおしまいというスグレモノ。しかし販売終了&オク高値安定…。

だから、レンタルかな、と。

◆専用ソフトでWAV形式で取り込み → iTunesでMP3への変換

Windows8 などでは、付属ソフトではなく「x - アプリ」というのをダウンロードして使うので、要確認。

http://www.sony.jp/support/pa_common/x-appli/download/

MP3に変換すれば、iPhoneやiPodでMD資産を聴くことが出来るようになる。

MDをパソコンに保存する際に、WAVファイルに変換して取りこむこともできます。

WAV などの非圧縮フォーマットの曲のコピーを MP3(中略)などの圧縮フォーマットで保存することが可能

◆法的な問題はないのか?

あなたが録音したものは、個人として楽しむなどのほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できません

つまり、「個人で楽しむ範囲では」問題ないということ。

1 2





note 始めました。
https://note.mu/shinkaku