コンテンツは検索やサイトの特集から探すことになる。目当てのコンテンツが見つかったら、そのコンテンツをタップ。すると、「すごくきれい」「きれい」「普通」の3種類から画質をチョイスすることができるので、自分の好みに合わせて画質を選ぼう。

「すごくきれい」は最も美しい画質で楽しめるもので、Wi-FiやXi接続時に視聴する場合に最適なもの。動画ビットレートは1.2~1.5Mbps。
「きれい」は外出時などのFOMA回線などの3G接続で視聴する場合に最適なもの。動画ビットレートは500kbps。
「普通」は画質がやや劣るものの、スムーズに視聴したい場合やお試し視聴に最適。動画ビットレートは200kbps。

出典ドコモの「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」「dマーケット アニメストア」を楽しもう!【「dマーケット」を楽しもう!-第1回-】

(参考)
Wikipediaによれば、
 128kbps - ワンセグの動画 (H.264) の品質
 1.15Mbps - ビデオCDの MPEG-1動画(映像のみ)の品質
 2Mbps - VHS の品質と同程度とされる。YouTubeのHD画質モードの最高画質。
 15Mbps - 地上デジタル放送のハイビジョン放送の品質。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

dtabで動画定額見放題の「dビデオ」を見てみた。

dtabをキャンペーンで購入する際に必須契約であるdocomoのサービス「dビデオ」。月額525円で「約9000の豊富なラインナップ」を見放題らしいので、利用してみよう。

このまとめを見る