1. まとめトップ

【ドラマ】家族ゲーム キャスト 画像 あらすじ 感想まとめ ※ネタバレ【2013 櫻井翔のCM】

嵐:櫻井翔 出演 ドラマ フジテレビ系「家族ゲーム」2013 キャストCM 感想まとめです。主題歌は嵐ならいいですね。息子の高校受験のためにと雇った風変わりな家庭教師が やって来たことで一家に巻き起こる騒動を描いた傑作ホーム・コメディ。松田優作主演の映画、長渕剛主演の連続テレビドラマで有名になった。

更新日: 2015年02月21日

15 お気に入り 188381 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

【ドラマ】家族ゲーム キャスト 画像 あらすじ 感想まとめ ※ネタバレ【櫻井翔出演のCMが話題】

2013年4月17日より6月まで、フジテレビにて毎週水曜日22:00 - 22:54(JST)に放送。

キャスト
吉本荒野 - 櫻井翔
沼田慎一 - 神木隆之介
浅海舞香 - 忽那汐里
沼田茂之 - 浦上晟周
沼田一茂 - 板尾創路
沼田佳代子 - 鈴木保奈美
最上飛鳥 - 北原里英

この作品以後、フジテレビ系の水曜22時台の枠はドラマ枠を再開することになる。

今まで描かれなかった吉本の過去という新たな見どころもあると期待される。

忽那汐里が演じる浅海舞香は、原作及び過去のドラマ・映画に登場しないオリジナルの登場人物である。(出典:Wikipedia)

櫻井は「お仕事でご一緒するのは初めて。独特な雰囲気を持ったお母さん。同じシーンの撮影が楽しみ」と共演に大喜び。いじめや不登校といった問題も描いた教育ドラマのため、私生活で三児の母でもある鈴木は「デリケートなテーマです。物議を醸すかもしれません。真摯(しんし)に真摯に、取り組んでいこうと思います」と並々ならぬ決意をにじませていた。

松田優作さんらが主演した80年代の名作「家族ゲーム」をフジテレビが連続ドラマでリメーク

本間洋平氏の小説が原作。平凡な4人家族が出来の悪い次男のために新しい家庭教師を迎えたことで、一家に変化が起きていく姿を描く。83年に森田芳光監督が映画化し、暴力的で得体の知れない家庭教師役の松田さんの熱演が話題になった。テレビ朝日は鹿賀丈史(62)主演で特別ドラマ化(82、84年)、TBSも長渕剛(56)主演で連続ドラマ化(83年)している。

森田芳光監督の名を決定づけた新感覚の異色ホームドラマ。主演・松田優作。

沼田家では、次男の高校受験を控えて家中がピリピリしていた。
両親のはからいでやって来た家庭教師の吉本は、三流大学に7年も在籍している男。だが彼の一風変わった指導で茂之の成績は次第にアップして行く…。
8ミリ自主映画出身の森田芳光監督が、5作目でベストワンを獲得したシニカルでシュールなホームドラマの快作。

【スタッフ」】
製作:佐々木志郎、岡田裕、佐々木史朗/監督・脚本:森田芳光/原作:本間洋平

【キャスト】
松田優作/伊丹十三/由紀さおり/宮川一朗太/辻田順一

80年代前半の東京の普通な家族の物語なのだが、コミカルなのにシリアスでもある不思議な魅力をもつ映画。ストーリーとして特筆すべきものはない。高校受験生を抱えている父親が家庭教師を雇う。家庭教師を演じる松田優作がそれ以前の彼を知るものにはビックリ、というくらいの変貌ぶりで、この面白いキャラクターを絶妙に演じている。他のキャスティングもいい。伊丹十三と由紀さおりの夫婦の関係がこれまた不思議な感じで面白い。

◆櫻井翔 5代目「家族ゲーム」2013あらすじ

“次男の成績が悪い”という問題を抱えた沼田一家。父・沼田一茂と母・佳代子はインターネットで見つけた“東大合格率100%の天才家庭教師!”という広告に最後の望みをかけ、その広告を出している“天才家庭教師”吉本荒野に連絡。沼田家には二人の息子がいた。兄・沼田慎一は秀才。弟・沼田茂之は落ちこぼれ。吉本荒野の教え子はこの次男・茂之だ。高校進学すら危うい落ちこぼれ、おまけに現在引きこもり中、という茂之。吉本にかせられたのは茂之を復学させて、長男の慎一が通う県内トップの名門校に進学させるこということであった。初めての面談が終わり、吉本が引き受ける旨を伝えると、今度は父の一茂が条件を提示してきた。「一週間以内に茂之を復学させて欲しい。もし出来たらボーナスとして10万やろう。だが、出来なかったらクビだ」。すぐに結果を求める父・一茂が課した命題に吉本は「五日で結構です。ただしその間、口出しは一切無用でお願いします」と応えるのであった…
引用:http://www.fujitv.co.jp/kazoku-game/prologue.html

キャッチコピーは「壊れるまで、キミと向きあおう。」。

櫻井 翔(さくらい しょう、1982年1月25日[1] - )は、日本のタレント、歌手、俳優、キャスターであり、アイドルグループ嵐のメンバー。

東京都出身。ジャニーズ事務所所属。

嵐のラップとリリックも担当している。
月曜日にメインキャスターを務める『NEWS ZERO』では、「イチメン!」「Next! Generation」などのコーナーを受け持つ。
尊敬する人物は白洲次郎と北方謙三。高校時代に北方の小説に出会ったのがきっかけ[要出典]。
『ひみつの嵐ちゃん!』内で取得したチャイルドマインダーの資格を所持している。
大学での第二外国語はスペイン語を履修していたため、スペイン語でラップの歌詞を書いている[3]。
慶應義塾大学経済学部卒業。

神木 隆之介(かみき りゅうのすけ、1993年5月19日 - )は、日本の俳優、声優。埼玉県富士見市[要出典]出身。アミューズ所属。


写真撮影。鉄道が好きで、鉄道を撮影するのが趣味だったが、そこから派生して写真撮影自体も好きになった。
フジテレビ開局50周年記念ドラマ『風のガーデン』出演時には、テクラ・バダジェフスカの曲「乙女の祈り」を数週間かけて練習し、ノーカットで撮影された。
ピアノ演奏のほか、ギター演奏も出来る。大ファンの福山雅治にもらったピックが宝物だという。高校では軽音部に所属。

主な作品
映画
『お父さんのバックドロップ』
『妖怪大戦争』
『遠くの空に消えた』
『Little DJ〜小さな恋の物語』
テレビドラマ
『仮面ライダーアギト』、『義経』、『あいくるしい』、『11人もいる』、『探偵学園Q』、『風のガーデン』
声の出演
『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』
『サマーウォーズ』
『借りぐらしのアリエッティ』

忽那 汐里(くつな しおり、1992年(平成4年)12月22日 - )は、日本のアイドル、女優である。オーストラリアシドニーキラニーハイツ出身。オスカープロモーション所属。キラニーハイツパブリックスクール卒業、堀越高等学校卒業。2010年現在、都内の大学に在学中。

国民的美少女コンテストには、学校の冬休み(日本の夏にあたる)を利用してシドニーから参加した。2006年に日本に戻り、祖父母の家で暮らしていたが、2007年冬(オーストラリアの夏)から、母親と弟が帰国したため東京で3人で暮らしている。
日本語と英語のバイリンガル。家族とは普段から日本語を話して生活していたため、日本で仕事をするまでは自分では完璧な日本語を話すことが出来ると思っていたが、撮影現場では時折、日本語の発音のおかしさを指摘されることがある。
大のカメラ好きで写真を撮ることを趣味としている。コンデジ、アナログ、一眼レフ含め10台のカメラを所有している。

浦上 晟周(うらがみ せいしゅう、1999年11月23日 - )は、日本の男性子役タレントである。

東京都出身。アミューズ所属。

出演
テレビドラマ
DOOR TO DOOR〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜(2009年3月29日、TBS)
特上カバチ!!(2010年、TBS)
示談交渉人 ゴタ消し 第7話(2011年2月17日、読売テレビ)澤田元貴役
ハガネの女2(2011年4月 - 6月、テレビ朝日)真壁友喜役
海賊戦隊ゴーカイジャー 第22話(2011年7月24日、テレビ朝日)将太役
ボーイズ・オン・ザ・ラン(2012年7月 - 9月、テレビ朝日)宍戸修役
家族ゲーム(2013年4月 - 6月、フジテレビ)沼田茂之役

板尾 創路(いたお いつじ、1963年(昭和38年)7月18日 - )は日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・130Rのボケ担当である。相方はほんこん。愛称はイッツジー。

大阪府富田林市出身。父は川柳家の板尾岳人。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。吉本総合芸能学院(NSC)4期生。既婚。血液型A型。身長177cm、体重62kg。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系列)では、しばしば「板尾の嫁」と称する外国人女性(「娘」と称する外国人の少女がいることも)と共に登場し、番組収録に無理やり乱入しては理不尽な出演料をせびる不気味なキャラを演じている。初代「板尾の嫁」は番組との契約解消後にヌード写真を写真週刊誌に披露した。ちなみに、板尾の本当の妻は日本人である。
俳優としての評価は高く、映画『ナイン・ソウルズ』で共演した原田芳雄からは「板尾は良すぎる」と手放しの賞賛を贈られたほか、松尾スズキは自著の中で「(板尾は)お笑い芸人の中で圧倒的に芝居が上手い」という趣旨の記述をしている。

1 2 3 4 5