1. まとめトップ

【冬でも臭ってるかも?】イケメンのための臭い対策をまとめてみました

暖かくなってきて汗をかく季節になってきました。暖かいのはいいのですが、汗をかくと匂いが気になる季節でもあります。とはいえ無防備にしていては自分では気づかないものの、周りの人たちに匂いをまきちらすことはもちろん、女性からも嫌がられますね。そんなことにならないよう匂い対策をまとめました。

更新日: 2014年02月03日

6 お気に入り 9936 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mensinさん

なぜ匂うのか?

加齢臭のニオイのもとはノネナールと呼ばれる体臭成分。このノネナール、脂臭いと言うか青臭いと言うか何とも言えぬ嫌なニオイを発する。

しかし、このニオイ、誰が臭っても嫌になるから困ったものなのだ。
それもそのはず、ノネナールは、毛穴の奥の皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸(脂肪酸)が酸化したり、表皮のバクテリアが発酵してできるニオイ成分。
臭くて当たり前なのだ。

このパルミトオレイン酸、女性よりも男性のほうが多く分泌しているから匂う

パルミトオレイン酸の分泌は40歳前後から急増すると言われている。
だから、男は30代ではまだ臭わないが、40歳を過ぎると急にオヤジ臭くなるらしい。

40才を過ぎた男の加齢臭が一番強く臭うのは、首の後ろの襟元だ。
君のシャツの襟のニオイは大丈夫だろうか?

鉄が酸化して錆びるように、人間の体内でも物質を酸化させるのが
活性酸素だ。そして、オヤジのニオイ、加齢臭もこの活性酸素が
パルミトオレイン酸の酸化を促すことによって発生することが分かっている。

気をつけなきゃいけない点

男は自覚症状はないが、確かに体臭を発しているのだ。そして、その体臭は女性にとって不快なものなのである。つまり、男の体臭の問題は、自分で自分が臭っていることを自覚していないことだと言えるであろう。

匂い対策の重点ポイント

体臭の一番の原因は汗だ。男なら誰もが実感していると思うが、男は女よりも発汗機能が盛んで多くの汗をかく。汗をかくと老廃物が皮膚や汗腺に蓄積し、雑菌が繁殖する。その雑菌が臭いを発するのだ。

仕事などで精神的なストレスを感じるとひや汗をかいたり、胃が痛くなる経験をしたことがあるだろう。このストレス、皮脂の分泌を多くし雑菌を繁殖させたり、生理機能を低下させ新陳代謝を停滞させる。これによって体臭が生み出される。

善玉菌であるビフィズス菌が減ってきて悪玉菌が増えてくると、体臭の原因になると言われている。悪玉菌が増えると腸内のタンパク質やアミノ酸が分解され、強い臭気のあるアンモニアに変換されるからだ。このアンモニアは腸で血液に吸収され、体表面から体臭として放出される。

出典yaplog.jp

体調が悪いと汗腺機能が低下し、汗だけではなくニオイ物質も排出してしまうからだ。本来、ニオイ物質は尿や排便から出されるべきものだが、汗腺機能が低下すれば汗に混じって汗腺から放出されてしまうのだ。

★★★匂い対策★★★

1.シャワーを浴びる

わきの下、背中、足の裏と指、指先や指の間 を良く洗う。

2.デオドラント剤を使う

3.食べ物

緑黄色野菜には余分な脂肪を排出する働きがあると言われている。また、食物繊維を多く含み、腸内環境を整え、腸の中のニオイ物質を抑制することを助ける。

男の匂い関連まとめ

1 2