1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

変拍子が粋な邦楽バンド

新旧関わらず変拍子を得意としている日本バンドを紹介。実に変態的なメロディであるが、そこには心を魅了する何かが隠されている!

更新日: 2013年04月06日

hopekusonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1408 お気に入り 194745 view
お気に入り追加

そもそも変拍子とは??

変拍子とは、5拍子,7拍子など、ちょっとマニアックな拍子のことを指します。また、曲中でどんどん拍子が変わっていくことを、変拍子と呼ぶこともあります。

ただ単に変なリズムを作るがいいのではなくて、いつか自分の手拍子が合う時がくる、いつか割りきれる、いつか世界は救われるという期待を持たせるのが奇数リズムの美学、つまり変拍子の良さ

それでは早速、変拍子が使われている邦楽を聴いていきましょう!

ZAZEN BOYS

法被を着たレッド・ツェッペリン

sajjanu

八十八ヶ所巡礼

そんなちょっとやそっとじゃ想像できないロック音楽。
浮き浮きするプログレの端くれ。

People In The Box

スマートで、かつ複合的でポップなメロディに、人の深層心理を覗いたかのような純粋さとリアリティを持つ歌詞

嘘つきバービー

egoistic 4 leaves

変拍子やポリリズムを多用した美しく叙情的な楽曲と、
感情的な演奏

DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN

ポリBPMによるフェイズの深化、マイルス・デイビスのエレクトリックファンクと菊地雅章マナーによるマイルスを、クロスリズムのアフリカ的な実践によって、さらなる進化を世界で唯一実現した

PANICSMILE

蛇行しまくるリズム・セクション、気まぐれでしかないメロディ、 ひたすらグルーヴすることを拒むアンサンブル

mudy on the 昨晩

1 2





hopekusonさん

このまとめに参加する