1. まとめトップ

ロコモティブシンドロームとは?厚生労働省発表の新国民健康病

厚生労働省がメタボの次に仕掛けた言葉。それが「ロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)」です。ロコモとは、運動器官の障害によって日常生活で人や道具の助けが必要な状態、またはその一歩手前の状態をいいます。この言葉を周知させ、寝たきり高齢者を激減させ、介護費削減を狙っています。

更新日: 2013年07月01日

11 お気に入り 33001 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

spideさん

日本国の最大の悩みは高齢化です。当然ですが、高齢化社会になると医療費が増え、国家予算(税金)の大半が医療費に流れます。そこで、国は考えました。医療費を軽減するためにはどうしたらいいのか? 結論としては「寝たきり期間を減らそう」です。つまり息を引き取る瞬間まで元気に歩くことが可能な老人を増やすにより、医療費を軽減できると考えた訳です。
そこで、メタボという言葉を周知させ脱デブ意識改革に成功した厚生労働省が、「脱寝たきり」をめざし、新たな言葉「ロコモティブシンドローム」を発表したのです。
国民の意識を変え、健康の大切さを再度訴えかけます。ただし、メタボと違い、ロコモは見た目での判断が難しいのが特徴。少しづつ国民周知されてきましたが、効果はまだ不明!?
多くのメディアがロコモを取り上げておりますので、色々な角度からまとめてみました。

ロコモティブ:Locomotive
 「運動の」という意味です。「機関車」という意味もあります。能動的な意味合いをもつ言葉で、「運動器」は広く「人の健康の根幹である」という考えを背景とし、「年齢」に否定的なイメージを持ち込まないことが必要だと考えて、選んだものです。
運動器(locomotive organs)とは
 運動器とは、骨・関節・靱帯、脊椎・脊髄、筋肉・腱、末梢神経など、体を支え(支持)、動かす(運動・移動)役割をする器官の総称です。

国民健康作りプランは、健康政策の基本精神を国民に理解してもらうため、健康に関する国民の教養レベルを上げるためにも重要な施策と考えます。日本は、国債による未来への借金がまだ膨らむために国運を左右するほどの困難な時代に入ります。従って過大な予算規模となるものでは受け入れられません。この委員会では、社会に受け入れられる費用対効果の大きい有効な健康作りプラン施策を打ち出すことが重要なポイントでありましょう。

厚生労働省発表資料:次期国民健康づくり運動に関する委員提出資料

ロコモってなんですか?

ロコモティブ シンドロームという言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、骨や関節、筋肉などの働きが衰えることで、寝たきりや要介護になる危険性がある状態のこと。“ロコモ”という呼び名で、近頃注目を浴びている言葉です。
近年、寝たきりや要介護状態になる人の数が増えています。平成19年に実施された国民生活基礎調査によると、要介護となる主な原因として、「脳血管疾患」「認知症」「高齢による衰弱」の次に多いのが、「関節疾患」と「転倒・骨折」でした。この2つは、骨や関節、筋肉などの“運動器”の衰えが原因となっています。

株式会社エバーライフさんがロコモ簡単チェック方法やロコモ対策運動を解説しております。

転倒時の骨折リスクを低減し、骨折から運動量低下、筋肉量減少に繋がっていく悪循環を防ぐためには、健康な骨を維持することが必要です。ここでは、健康な骨とはどういう状態にあることを指すのかについて考えてみましょう。
身体における骨の重要な機能が、私たちの姿勢を保持し、外部からの衝撃に耐えることですから、骨には強くて折れにくいこと(つまり骨強度が高いこと)が必要です。つまり、健康な骨とは骨強度の高い骨であるということになります。

健康な骨(骨強度の高い骨)を作ることでロコモ対策

ロコモ予防には、膝関節などへ過剰な負担をかけず、下半身の筋力を鍛えると同時に、バランス能力を高める運動(ロコトレ)が有効です。中でも簡単にできるのが「スクワット」。ロコモ予防だけでなく、体の中で最も大きな筋肉が鍛えられるので、基礎代謝も増えてやせやすくなるというメリットもあります。

軽い運動でのロコモ予防を解説。

○厚生労働省告示第四百三十号
健康増進法(平成十四年法律第百三号)第七条第一項の規定に基づき、国民の健康の増進の総合的
な推進を図るための基本的な方針)平成十五年厚生労働省告示第百九十五号)の全部を次のように改
正し、平成二十五年四月一日から適用することとしたので、同条第四項の規定に基づき公表する。
平成二十四年七月十日

厚生労働省 健康日本21(第2次)から正式発表された内容。(冒頭抜粋)

正しいロコモ対策とは?

「腰や膝が痛くなったり、歩けなくなるなんて、自分にはまだまだ関係ない」と思っていませんか?
データからみても体力が落ちてくるのは、40代。手術が必要なほどの運動器の痛みや障害が急増するのは50代から。そう見ると、30~40代からからだのしくみを正しく知り、からだを使うことを意識することの大切さがが分かると思います。ぜひ、ライフスタイルを見直して、気持ちよく動かせるからだを生涯キープしていきましょう。

国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局長。中村先生のお言葉

骨の材料になる栄養素としておなじみの「カルシウム」。乳製品や小魚だけでなく、緑黄色野菜・海藻類、大豆製品にも豊富に含まれています。1日に2つ以上とるように心がけてみましょう。

そのとき、ぜひ一緒に組み合わせたいのが、きのこ類や魚類。カルシウムの吸収を助ける「ビタミンD」がたっぷりです。

納豆や青菜類に多い「ビタミンK」、緑黄色野菜や果物に多い「ビタミンC」は、レバーやうなぎの肝に多い「葉酸」(ビタミンB群の一種)も意識してとりたい栄養素。骨の質を高めてくれます。

食事療法についての解説です。

ロコモ体操が話題に!?

ロコモティブシンドローム関連サイト

筋力の衰えをチェック

以下のテスト方法はNHK【あさイチ】で紹介されている内容です。

40代は筋力の衰えが顕著に表れ始めます。頭では若いと思っていても、筋肉は想像以上に衰えており、そのギャップが思わぬ事故を引き起こします。特に下肢の筋力は早くから衰えが始まり、転倒事故を引き起こす可能性があるので注意が必要です。
まずは自分の足腰の筋力がどれくらいなのか把握しましょう。番組では、2つのテスト方法を紹介しました。

※どちらのテストも滑りにくい床の上で転倒に注意しながらまた誰かに見守ってもらいながら取り組んで下さい。

(1)立ち上がりテスト

ももの大たい四頭筋など、脚力をチェックします。

下記のとおり、それぞれの年代に合った高さのイスや台を準備して座ります。(※安定感の高いものを使用して下さい)
腕を前に組み、片足(または両足)で勢いをつけずに立ち上がります。
バランスを崩さずに立ち上がることができればOKです。
【台の高さ】
<片足で立ち上がる>
10代・・・10センチ
20代・・・20センチ
30代・・・30センチ
40代~50代・・・40センチ
<両足で立ち上がる>
60代・・・10センチ
70代・・・20センチ
80代・・・30センチ
90代・・・40センチ

(2)2ステップテスト

筋力、バランス能力、柔軟性など、総合的な歩行年齢を測る。

スタートラインを決め、バランスを崩さない範囲でできる限り大股で連続して2歩歩きます。※ジャンプはしないで下さい。
2歩目で両足をそろえます。
(スタートラインのつま先から着地点のつま先までの)2歩分の歩幅を測定します。
2歩分の歩幅を身長で割り、2ステップ値を算出します。
2ステップ値を以下の表に当てはめると歩行年齢がわかります。
例)2歩分の歩幅が200センチで身長155センチの場合
200÷155=1.29
1.29→歩行年齢65~69歳に相当

【2ステップ値と歩行年齢】
1.67以上・・・20代
1.60~1.66・・・30~34歳
1.53~1.59・・・35~39歳
1.50~1.52・・・40~44歳
1.47~1.49・・・45~49歳
1.45~1.46・・・50~54歳
1.42~1.44・・・55~59歳
1.35~1.41・・・60~64歳
1.27~1.34・・・65~69歳
1.10~1.26・・・70代
1.00~1.09・・・80代
1.00未満・・・90代

下肢の筋力アップに大股歩き

脚力や歩行年齢が実年齢より高い!そんなあなたは今すぐ筋力トレーニングを。とはいえ、筋トレの時間を作って続けるのって難しいですよね。そこでお勧めしたいのが、いつものちょっとしたお散歩やお出かけの中でできる「ランジウォーク」。足腰の筋肉を意識して大股で歩くだけで立派な筋トレになっちゃいます。方法は以下の通り。

できるだけ大股で前に踏み出す。
ももが地面と水平になるくらいに腰を深く下げる。
上半身は倒さず、垂直に。そしてさらにもう一歩。
☆1日20メートルくらいをこの方法で歩けばOK。

※転倒に注意して取り組んで下さい。また、足腰に痛みや疾患のある方は医師に相談の上、行って下さい。

1