「ジャンケンケンちゃん」以降の世代(現在50歳代以下)の全国区スタンダードが「ジャンケンポン」で「8時だよ全員集合・ジャンケン決闘」以降の世代(現在30歳代以下)の全国区スタンダードが「最初はグー」と考えると、現在の社会の主流派層が「ジャンケンポン」である限りはやはり主流は「ジャンケンポン」だろう。国民的人気アニメ「サザエさん」の番組最後のジャンケンでも「ジャンケンポン」が採用されており、より広い年齢層に通用するスタンダードと認識して良い。
しかし、スポーツの世界で大会に出場する現役競技人口と考えると30代以下が主流と言って良い。そこではごく普通に「最初はグー」が使われていると考えて良いだろう。世代交代は確実に起こりつつあるのだ。
あと、国際大会になるとジャンケンでなく、コイントスなどで決められるしね。ジャンケンのある国ばかりじゃないから。
ジャンケン自体がローカルな手法なんだから、旧スタンダード側が新スタンダード側に目くじら立てるというのでなく仲良くやっていくべきではないかな。ジャンケンそのものが子供の遊びとして普及したものと考えると、どちらが稚拙ということも無い。ジェネレーションギャップを克服して仲良くやって欲しい。
それから、全国各地のジャンケンの掛け声も大切な文化として永遠に残って欲しいものだ。
一応、これが結論。

前へ 次へ