1. まとめトップ

蟻の一生が泣ける(´;ω;`) <特にオスェ…

意外と知らないアリの一生についてまとめてみました。種類によって正確には違う点もあるのですが、大体こんな感じだよ?としてまとめました。興味があったらアリについてもっと詳しく調べてみましょう!!

更新日: 2013年04月05日

16 お気に入り 147860 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shige08さん

女王蟻の一生

一年ほどで生まれた巣を飛び立ち、結婚飛行(ハネムーン)を行い、多数の雄と関係を持ち体内に精液を貯める。

その後、地上に降り巣を作り家族を作るが仕事は卵を産むことな為、一生引きこもりである。(環境と種類による)

寿命が来ると死ぬ。

働き蟻の一生

性別は全て雌である。女王と家族の為に巣に餌を運ぶ為に生まれる。稀に卵を産むが巣の餌として食べられてしまう。

寿命は1~2年で死んでしまう。
もしも女王がいなくなった場合は卵を産み自分の遺伝子を残せるが女王の寿命は10年~20年の為チャンスは少ない

雄アリの一生

雄は女王アリのクローンとして生まれる。
一ヶ月ほどで成体になり、他の巣から出てきた新女王アリとセックスをする。

セックスをすると死んでしまう。
もしくは童貞として一生を終える…

補足

アリはハチと同様に、受精卵からは2倍体の雌が、未受精卵からは半数体の雄が生まれる。ただし、アミメアリのように女王アリが存在しない種類では、働き蟻が産卵する卵であっても2倍体の働きアリが生まれる。

参考リンク

1