1. まとめトップ

股間の"かゆみ"「陰嚢湿疹(いんのうしっしん)」を市販薬で治したい!

◎男性限定の悩み。病院に行くのが一番なんだろうけれど... 時間も取れないし、誰にも相談できないし。とりあえず、自分で治せないだろうか?

更新日: 2018年01月10日

67 お気に入り 1074674 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

matahariinc.さん

▼「陰嚢湿疹(いんのうしっしん)」とは?

男性の、いわゆる「キン◯マふくろ」の"かゆみ”。入浴時や就寝時など、体温の上昇時に特にかゆくなります。
一旦、掻き始めるともうどうにも止まらない強烈な "かゆみ” です。
掻きすぎて、「キン◯マふくろ」の皮膚がボロボロになり血がにじみ、眠れないなんてこともあります。

▼「インキンタムシ」と間違えやすい

インキンタムシは水虫等の菌が原因ですが、陰嚢湿疹は原因がはっきりせず体質やアレルギー、食べ物や生活環境の影響である可能性。人それぞれであり皮膚科医でもなかなか原因が特定できない。

▼とりあえず、かゆみは治まるらしい...

▼いやいや... 本気で治したいので、評判のよさそうな市販の薬を調べてみる

デリケアM'sを買った さすがに嫁と一緒の時は買いにくいからな!

▼「5ちゃんねる」(旧:2ちゃんねる)では、絶賛のようです!

▼効くようだが、あまりオススメではない?「ステロイド」配合タイプ

▼本当は、素直に病院に行くのが一番ですが...

薬を塗りつつ、普段から陰嚢を毎日手で丁寧に洗ったり、通気性の良い下着をはいたりして、常に患部を清潔に保つ事が重要。

1