提供:20世紀FOX

映画「リンカーン」主演男優のプライベートが奇人レベル。。

まもなく公開される映画『リンカーン』。主演のダニエル・デイ=ルイスが今年のアカデミー主演男優賞を受賞したことで話題を集めましたが、調べてみるとこの人、本当にスゴい人でした…。

更新日: 2013年04月12日

888 お気に入り 698010 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

“史上初”を達成した俳優だけど…

過去にも『マイ・レフトフット』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でアカデミー主演男優賞を獲得しているイギリス出身の俳優。

2度受賞している俳優ですら現在6人しかおらず、3度目の受賞はアカデミー史上初の快挙

トム・ハンクス、ジャック・ニコルソンなどもその一人。

本人は“超”が付く変わり者!?

普段はほとんど仙人のような暮らしぶりで有名。

普段はアイルランドの山岳地域に自宅をつくり、靴作りと木工作業に明け暮れている。

息子は最近まで父親のことを大工だと思っていたほどw

いきなり「靴職人になりたい!」と引退宣言をしてイタリアで4年間ほど靴作りに没頭。。

マーティン・スコセッシ監督の強い説得により映画界にやっと復帰。。

「50歳の恋愛白書」では役者ではなくセットをつくる大工作業スタッフとして参加している

何を目指してるの…?

映画にも全然出ない。。

この『リンカーン』でも最初はオファーを断っていたらしい。

国際的な評価を受けてから20年以上も経つが、この間に出演した映画はわずか10本。

今回の受賞後にまた2年くらい休むと発言している。

年間で1000本以上の出演オファーがあるが、じっくり脚本を読み慎重にその一本を選ぶ。

基本的に断ってるんだとか。。

ピータージャクソン監督が数回に渡って「ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴン役を打診していたが、全てオファーを断っている

有名な監督だろうと関係ない(゚д゚)!

ただ、出演が決まればスゴイ。

今回もイギリス人でありながら南部なまりをマスター…!

『マイ・レフト・フット』彼はC・ブラウンになり切るために、撮影中ずっと左足だけを使い車椅子で生活したという逸話がある。

モヒカン族の戦士を演じた『ラスト・オブ・モヒカン』の役作りでは、6ヶ月間にわたって野営、釣りや獣の皮を剥いだりして、陸地や森でのサバイバル術を習得。ついには自分でカヌーを作れるまでに。。

『ボクサー』では役づくりのために、プロボクサーと週3回のスパーリングを3年続けていた。

一流役者が絶賛する演技力

ダニエルが出演すれば、“レオ様”ですら霞んでしまう。

2002年のアカデミー賞では、元々主役だったはずのレオナルド・ディカプリオを抑えて主演男優賞にノミネートされる。

2008年『フィクサー』で主演男優賞にノミネートされたジョージ・クルーニーは、自分が主演男優賞を受賞する可能性についてたずねられると「受賞? ダニエルがいるから無理だよ」と微笑んで答えた。

ジュード・ロウは『マイ・ビューティフル・ランドレット』でのダニエルの演技を見ていなければ映画を生業にすることは無かっただろうと語っている

公開目前、『リンカーン』ではどうなる?

今回は1年間の準備期間を条件に受諾し、リンカーンが書き残した書物を読みあさり、妻役のサリー・フィールドとは4カ月間 にわたって当時の文体でつづった文通を行っていたという徹底ぶり。

製作期間中、スピルバーグ監督は大統領と対面するという意識から敬意を表すため、常にスーツ着用で撮影臨んだほど

スピルバーグ監督が構想・制作に12年。奴隷解放という偉業を成し遂げたリンカーンの知られざる政治の舞台裏を、理想のリーダーとして、そして父親として命をかけたという視点から描かれた作品。

これまでの「偉大で高潔なリンカーン」像とは違い、信念を貫くためには裏工作などの汚い手も辞さない、陰謀に奔走したリアルな「リンカーン」も描かれている。

1