1. まとめトップ

スポーツするなら知っておきたい体臭改善のすすめ

スポーツしていると効率よく筋肉をつけるためにプロテイン(タンパク質)を摂取したり、お肉系(タンパク質)の食事機会が増えたりしますが、頭の片隅で体臭のことが気になるものです(^_^;) なんとかなるなら何とかしたいですよね。ってことで、体臭の改善に役立ちそうな情報を集めていきたいと思います。

更新日: 2014年07月04日

109 お気に入り 140417 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

食事の内容と体臭は、深く関係しています。体臭を引き起こす原因としては、アポクリン汗腺から分泌される脂肪や、皮脂腺から分泌される脂肪酸などが考えられます。中でも、皮脂腺からの分泌物が、においの原因となっている場合は、食事内容を改善することによって、体臭が軽減されるというケースも多いようです。

▼.索引

○動物性の脂肪やたんぱく質を減らしつつ腸内の善玉菌を増やそう!
○抗酸化作用の高い食品を摂取して身体の酸化を回避しよう!
○食物繊維をとってお腹スッキリ!便秘も改善!
○カテキンやフラボノイドの消臭効果!
○クエン酸の消臭効果!
○コレステロール値を改善しよう!
○よくかんで食べよう!
○スポーツ関連まとめ
 ・プロテインの効果的な飲み方について調べてみた!
 ・スポーツするなら知っておきたい効果的に筋力をアップさせる『超回復』の仕組み
 ・スポーツするなら知っておきたい!持久力の基礎知識やトレーニング情報まとめ
 ・サイクリスト向け情報&ロードバイク基礎知識&スポーツトレーニング情報まとめの索引

▼.動物性の脂肪やたんぱく質を減らしつつ腸内の善玉菌を増やそう!

食事をする際には、においの素となる肉類(動物性タンパク質や脂肪)を控えて、腸内の善玉菌を増やすことを心がけることが大切です。

臭いのもとになる物質は、動物性脂肪や、動物性タンパク質などの代謝物です。大腸まで送られたタンパク質は、細菌によって腐敗し、あらゆるにおい物質を作り出します。悪玉菌であるウェルシュ菌や大腸菌によって分解されると、アンモニア、アミン等が作り出され、体臭や、いろいろな疾患の原因になってしまいます。

また、善玉菌を育てるためには、オリゴ糖が良いと言われますが、オリゴ糖は、ゴボウ、玉ねぎ、アスパラ、大豆などにも、たくさん含まれています。これらは、食物繊維と合わせてとることができる食品です。

体臭を発生させないようにするためには、肉類を減らしたり、善玉菌を増やす食品を摂るなどして、食生活の改善をしていくことが最も大切だということがいえるでしょう。

悪玉菌を追い出すために、腸内の善玉菌を育てることも重要です。はちみつ、大豆、ごぼうなどに含まれるオリゴ糖は、腸の中の善玉菌を元気にしてくれる作用があります。また、市販されているオリゴ糖を、料理に使ったり、コーヒーやヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめです。

たまねぎ、ごぼう、ニンニク、大豆、バナナ、アスパラガス、蜂蜜、味噌、醤油、母乳など

臭いおならに悩む人は、自分の腸内の悪玉菌を追い払う努力をしていきましょう。豆や海藻に多く含まれる食物繊維は、悪玉菌の発するにおい成分や毒素などを、まとめて便として体外に排出させる働きがあります。ですから、悪玉菌を掃除してくれる効果のある食物繊維を、積極的に摂るようにしましょう。

▼.抗酸化作用の高い食品を摂取して身体の酸化を回避しよう!

肉類や乳製品などの動物性脂肪をたくさん摂取することによって、体に蓄えられた脂肪は、その酸化によって、体臭を発生させやすくなります。

肉類や卵などの食べ物は酸性食品と言われ、体臭の原因となります。これらの食べ物を食べるときにアルカリ性の食べ物を食べると体臭が消えるとされています。アルカリ性食品には緑黄色野菜やフルーツ、梅干しやわかめ、こんぶ、もずく、しいたけ、大豆、バナナ、ぶどう、りんご、ココア、酢などがあります。

年齢を重ねるにつれて、抗酸化作用の力が衰えてしまい、体臭が強くなるなどの症状が出てくることがあります。また、酸化されやすい食べ物を多く摂ることも、体臭を引き起こす原因になります。逆に、抗酸化作用のある食べ物を意識的に摂ることで、体臭を少なくすることも可能です。

抗酸化作用のある食べ物は体内で酸化を防ぎ、体臭を予防してくれますし、食物繊維や乳酸菌は腸内環境を整えるとともに体臭の原因ともなる便秘を解消してくれます。

抗酸化作用のある食べ物としては、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンなどを含む食品があげられます。ビタミンCを含む食品も、いろいろありますが、身近なところでは、ピーマン、パセリ、ブロッコリー、緑茶にも、豊富に含まれています。

ビタミンCは、ジャガイモにも多いですし、赤キャベツ・ブロッコリー・さやえんどうなどの野菜、イチゴ・キウイ・柿・ネーブルなどの果物にふんだんに内包されています。ビタミンEがたくさん入っている材料といえば、アーモンド・ゴマ・ピスタチオ・クルミなどのナッツ類があります。ベータカロチンが大量に入っている食材は、インゲン・えだまめなどの豆類や、にんじん、また春菊・にら・せり・小松菜・ほうれん草などの葉物野菜など多数の野菜が当てはまります。

▼.食物繊維をとってお腹スッキリ!便秘も改善!

野菜に含まれる食物繊維は、腸内のにおい成分をまとめて排出してくれるだけでなく、便秘 解消にも役立ちます。便秘は体臭や肌荒れにもつながります。

便秘を改善するには、食物繊維が多く、アルカリ性の食品を摂る事です。緑黄色野菜やこんにゃく、海藻類などが便秘防止に役立ちます。逆に肉類などの動物性タンパクや、動物性脂肪は、便秘を促進しますので、注意が必要です。

めかぶに限らずヌメリ成分の多い海藻類には主にアルギン酸とフコイダンという水溶性の食物繊維が含まれています。フコイダンは血液浄化作用などがあり、肥満・ダイエット効果・整腸作用・コレステロール低下作用などが期待できます。

1 2