1. まとめトップ
  2. 雑学

金魚より知能が低い…?イルカのおもしろい生態

「とても賢い」と言われているイルカですが、実際のところはどうなのでしょう?そこで、イルカのおもしろい特徴や知能について調べてみました。

更新日: 2013年04月06日

roundaboutさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
366 お気に入り 173216 view
お気に入り追加

◇人の気持ちが分かる?

イルカはなんの見返りもなしに人間を助けようと、人食いザメとして知られているホオジロザメをも相手に体を張り助けようとする

海を泳いでいたら急にイルカに囲まれて、その群が去ったと思ったら近くにサメが泳いでいた。などの事例が数多く報告されています。

漁師さんが魚を獲るのを手伝うこともあるそうです。漁師さんの網にイルカが魚を投げ込む

水槽のまわりに何人か人がいると、いつも自分を世話してくれている人と、新入社員や異動して新しくやって来た人の区別がつくらしく、新人の係員にはぼんぼん水をかけてふざける

◇知能は高いか、低いか

イルカも人間と同じ「錯視」を見る

錯視を見るためには、高度な視覚と光情報の処理能力が必要であると言われていて、人間にかなり近い能力を持っていると考える根拠になっています。

イルカはそれほど知性が高くなく、実験で使われるマウスや金魚のほうが頭が良い可能性があると南アフリカ・ウィットウォータースランド大学のポール・マンガー教授が主張し、話題となっている

「イルカが水槽から逃げ出さないのは、逃げ出す方法を考えることができないから」という理由も挙げられています。

シャチとイルカにジャンプなどの動作を教えた場合、個人的な印象としてはシャチの方が、記憶力、理解力、応用力に優れているように感じます。しかも小道具などを使う場合さらに差が出てきます

◇自分で「おもちゃ」を作り出す

バブルリングをイルカたちは追いかけて遊ぶ。噛みつぶしてみたり、輪をくぐり抜けてみたり、その遊び方は個々のイルカによってさまざま

コンク貝。これを口の先に加えて振ることで、口のなかに上手い事魚をいれこむという方法で狩りをしている

イルカはただ狩りをするだけでなく、その狩りをしながら楽しんでいると考えられています。

一部の高等霊長類と同様に、肉体的な痛みだけでなく、苦悩も感じることができる

遊んで楽しんだりする一方で、悲しむこともあるのですね。

◇イルカは5感ではなく7感

エコーロケーション…クリック音を前方に向けて発し、物体からの反響を聴くことで、対象物の位置や形、大きさなどを知る

これによって、好みの餌かどうかを判別したり、人間の健康状態までわかってしまうのだそう。

磁気感覚…イルカの仲間はこれを利用して、回遊している。集団座礁などは地球磁気の変化による物ではないかといわれています

ただ、この磁気感覚を持っていなくても回遊する生き物もいるため、詳細は未だに分かっていないそうです。

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

roundaboutさん

エンタメや雑学系をを中心にまとめていきたいと思います。