1. まとめトップ
  2. ガールズ

日本人ばかりがブランド品に群がる悲しい理由

日本人のブランド品好きには意外な理由があった!

更新日: 2013年04月07日

605 お気に入り 476165 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nasurinさん

日本人はブランド品大好き

薄い水色のプラダのバッグがめちゃ可愛かった!今も売ってるのかなぁ…欲しいわ、あれ(*'ω'*)

私財布はグッチなの。バッグは昔エルメスのあのグレーのやつ使ってた。こうして振り返るとお金持ってるな笑

シャネル欲しい!!けどヴィトンの赤にして財布とキーケースとお揃いにしたら絶対可愛い♡♡悩むけど考えるん楽しい♡♡

ブランド指向は、だんとつ世界一です。世界のブランド品の40%も日本人が購入すると言われているのです。それも生活を犠牲にし、身を売ってまでも高価なブランドを手に入れる人もいる

なぜ日本人がここまでブランド品大好きなのか?

まず挙げられるのは、日本人の多くは自分自身の価値観が確立されていないということ

自分の中で、何が価値のあるものなのか、重要なのかがはっきりとしていないため、すでに多くの人々に価値が認められているブランド品を身につけて満足するのである。

モノの本質をわかっていない日本人は、ブランド志向になる

理由はいろいろあるのでしょうが、やっぱり、品質が保証されている、これを買っときゃ安心、という心理もある

「横並び感覚」

横並び感覚とは、みんなやっているから、自分も!というもの。日本人には素直というか、人がやっているから自分も、という行動に出る傾向がある。

ブランド品志向は自分の自信のなさを隠すために必要なものなのです。

周囲から馬鹿にされないように見栄を張って自分をよく見せるためにはブランド品は絶好の対象物なのです。ブランド品を身につけることは、経済的に余裕のあることの証になるのです。

ブランド志向の問題点

マスコミの強烈な宣伝もあって日本人は西洋のものをありがたすぎる風潮が強すぎます。

明治以来の西洋化思想の延長上にある西洋崇拝に原因を求めることができると思います。すなわち西洋に追いつき追い越せを合図に富国強兵に努めて、第二次世界大戦に破れ、また西洋化を押し進めた結果。

日本においては、自分の内面やその他に身に着けるものとの組み合わせなどお構いなし

未熟な子供が当たり前のようにブランド物をもち、バーゲンで買ったような洋服を着てヴィトンのバッグを持つ光景も珍しくない。

ブランドを持つことが自分の価値を高めることになり、ブランドを持っていることが他人を評価する1つの基準になっているという現状がある。

たとえ中身が空っぽでも、ブランド品さえ身につけていればよく見られる。「ブランド好きの日本人」の中には、ブランド品で身を固めることで安心してしまい、自分の内面を磨くことを忘れているのかもしれない。

ブランド指向は思考力もゆとりもない証拠

ブランド指向は、金持ち貧乏人に限らず、心のゆとり、自信のなさを表現しているのではないでしょうか。

欧米でのブランド品の位置づけ

欧米においてブランド品というのは、高価だけれども長持ちがするということを特徴にしていて、そのかわり、ブランド品を毎年買うとか、あるいはシーズンごとに買うなどということはなく、たとえお金のある人たちにとっても、ブランド品は、2年に一度や3年に一度買うというものである。

極端な場合には、ブランド品のいいものを買って、10年、15年にわたって持ち続ける。それでもなおかつしっかりしていて形も崩れないバッグなら、それを娘にも譲り渡して使い続けるというような、そんなものがブランド品と呼ばれているものである。

ブランド物を持つ社会経済クラスの人々は、それなりに大きな家を持ち、高い車を運転している

日本以外では考えられないブランド品の売買

1