1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

鳥インフルエンザによる死者13名・感染者61人に【感染拡大・食い止め失敗か?】

感染源がいまだ判明していない鳥インフルエンザウイルス、国民の不安を抑えるため情報統制も敷かれた

更新日: 2013年04月15日

osagasiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 9020 view
お気に入り追加

● 最新情報 ●

● 内陸部に感染広がる 【4月14日】 ●

← 赤い部分が河南省

これまで中国東部の上海とその周辺地域に限られていましたが、
 13日首都・北京で初めて確認されたのに続き、
 新たに河南省でも感染が確認された

河南省の政府は14日、65歳の男性と34歳の男性が
 ウイルスに感染していたことを明らかにした。

● 首都「北京」でも感染確認【4月13日】 ●

← 中国の首都「北京」

国営新華社通信は13日、北京に居住する7歳女児の感染が
 確認されたと報じた。首都の北京で感染が判明したのは初めて。

北京の衛生当局者によると、女児の父親は
生きた家禽(かきん)類を売買する仕事にかかわっているようです。

● 上海およびその周辺地域における被害者 ●

江蘇省の患者(83歳の男性)と
 安徽省の患者(35歳の女性)が死亡

83歳の男性は、3月20日に発症し4月9日に死亡。
35歳の女性は、3月15日に発症し4月9日に死亡。

H7N9型の鳥インフルエンザに感染し
 入院していた浙江省湖州市の男性(64)が死亡した

農家の男性(64歳)3月29日に発病、4月4日死亡

上海で確認された48歳の男性ら2人が死亡

48歳の男性は、3月28日に発症、入院先の上海市の病院で4月3日朝に死亡した。
もう一人の男性も3日、上海市内の病院で死亡した。
男性二人は、江蘇省で鳥の運送に携わっていた。

上海市によると、52歳女性は3月27日に発熱。
 症状が悪化し、4月3日に死亡

1人目が87歳の李姓の男性で2月19日に発症し、3月4日に死亡。
 2人目は27歳の呉姓の男性で2月27日に発症し、3月10日死亡。

死亡した27歳の男性は上海の市場で豚肉店を営んでいた。

● 鳥インフルエンザが、なぜ人に感染したのか? ●

H7N9型ウイルスはもともと鳥が保有しているが毒性は弱い。
 今回、人に感染したのは、ウイルスが変異したためとみられる。

鳥インフルエンザの「H7N9型」のウイルスは、遺伝子の一部が
 ヒトに感染しやすく変異していることが、
 国立感染症研究所の分析で分かりました。

河岡教授は
「重症例が知られていないH7N9型で死者が出たことを考えると、
 哺乳類に感染しやすく、体内で増殖しやすいウイルスが生まれた
 可能性は否定できない」としている。

● 人から人に感染するのか? ●

上海で、夫婦がともに鳥インフルエンザに
 感染していたことが明らかになりました。

妻(52歳)は、3月27日に発熱し、症状が悪化後、4月3日に死亡した。
一方、会社員の夫(56歳)は4月1日に症状があらわれた。
家庭内で複数の感染者が初めて確認されたため、「人から人への感染」が疑われている。

これに対して上海市は、十分な根拠がないとして「人から人への感染」を否定している。

● 中国当局の対応 ●

1 2





ジャンルを問わず思いつきでまとめサイトを作成していきます。(運営サイトにて記事をカテゴリ別に分類しました。)