1. まとめトップ
  2. カラダ

ストレスで【下痢】が引き起こされるメカニズムと治し方

ストレスを感じると下痢になる方が多いと思いますが、そのストレスと下痢との関係性を明らかにしていきたいと思います。

更新日: 2013年04月07日

599 お気に入り 980554 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ストレスとは

ストレスとは、外部から刺激を受けて体に起こる反応と、その原因となる刺激(ストレッサー)のこと

精神緊張・心労・苦痛・寒冷・感染などごく普通にみられる刺激(ストレッサー)が原因で引き起こされる生体機能の変化

ストレスとは、生物学的には何らかの刺激によって生体に生じた歪みの状態を意味する

下痢とは

1日の便に含まれる水分量が200mℓ以上であることと定義されていますが、一般的には、量に関係なく、水または泥状の便

下痢(げり、英: diarrhea)は、健康時の便と比較して、非常に緩いゲル(粥)状・若しくは液体状の便

急に起こる下痢の多くは急性腸炎で、腹痛を伴うことがあります。食あたり、暴飲暴食が原因。慢性に起こる場合は「潰瘍性大腸炎」や「クローン病」のことがある

この両者の関連性 なぜストレスで下痢になるのか

セロトニンは、その約90%が腸内にある。ストレスによって腸のセロトニンが分泌されると、腸のぜん動運動に問題が生じ下痢になる

腸の力が弱い場合、腸の中にある糞便の流れを、緩やかに流す事が出来ず、腸の中にある水分量によって、水だけが先走って流れ出てしまう

腸をコントロールする自律神経が刺激を受け、腸が異常収縮してしまうため

ストレス時に直接消化管局所で放出される、ノルアドレナリンにより、それに暴露された大腸菌は増殖が活発になり、病原性を高める

それにより↓

小腸は腸内細菌を異物と見なし追い出そうと激しく運動。その結果、食べ物が未消化のまま大腸に達してしまい、下痢になる

ストレス性の下痢の特徴

腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れる

仕事中や会議中に急にお腹が痛くなる。通勤・通学の電車の中で決まってお腹が痛くなり、途中下車をしてしまう

痛を伴う1日3回以上の下痢が続き、血便は見られない特徴があります。下痢による体重の減少はない

疝痛が起こったり、突然便意や排ガスが催したり、腹満感があるといった症状が起こりやすい

その改善法とは

ケイ素を含む玄米・あわ・アルファルファ・スギナ・ホタテ・ホヤ・サザエ・豆類、・レバー・ほうれん草・人参を食べる

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1