1. まとめトップ

WordPress 3.6 ベータ1 はなにが変わった? まとめ

いよいよ公開された WordPressの次世代バージョン 3.6。その機能の違いなどを紹介します。

更新日: 2013年04月06日

2 お気に入り 5301 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

h2ospaceさん

投稿フォーマットのインターフェイス

投稿フォーマット: 投稿フォーマット向けの UI ができました。テーマ開発者は構造的データにアクセスするためのテンプレート用関数を使うことができるようになりました。

記事編集画面のタイトル上部に、投稿タイプの選択が表示されるようになりました

投稿フォーマット機能を使うことで、コンテンツの表示にバラエティを加えてみましょう。 WordPress.com には50以上の投稿フォーマット対応テーマがあり、画像・動画・引用文・リンク・音声・アサイドスニペットといった異なる種類のコンテンツを、それぞれに適したデザインで掲載することができます。

投稿フォーマットに、対応したテーマで利用することができます

新テーマ Twenty Thireteen

今年のデフォルトテーマを、今年初の新リリースに含めます。Twenty Thirteen テーマは、独自性のあるカラフルなテーマで、特にブログ向けに作られました。新しい投稿フォーマットに完全対応しています。

結構エキゾチックな見た目に。サイドエリアはなくなり、フッターにコンテンツが集約

レスポンシブ・Webデザインに対応

スクロールするとタイトルエリアが固定される

検索バーは、虫眼鏡をクリックすると広がるスタイルに

ヘッダー画像の種類は、幾何学模様に

音声・動画の埋め込み

プラグインやサードパーティのメディアホスティングサービスを使わずに、音声・動画ファイルを埋め込んで再生できるようになりました。

MP4ファイルなどのアップロードで、自動的にプレイヤーが差し込まれる

投稿欄には、ショートコードが埋め込まれる

ローカルへの自動保存

投稿がローカルで自動保存されるようになりました。ブラウザーがクラッシュしたり、パソコンが壊れたり、保存中にサーバーがオフラインになっても書きかけの投稿が消えてしまうことはありません。

記事を書いていると、定期的にセッションストレージに書き込んでいる

* ただし、ベータ1ではWebブラウザを強制終了したりしても、復元はされなかった。開発中?

投稿ロック

今誰が投稿を編集しているのかを見ることができ、その人がキーボードの前で居眠りしてしまった場合は投稿画面から「追い出す」ことができるようになました。

他のユーザーが編集していると、ロックアイコンが表示される

編集しようとすると「編集を引き継ぐ」事が可能

ナビゲーションメニュー編集画面の改良

ナビゲーションメニューがアコーディオン型 UI の採用とメニュー位置の一括割り当てタブ分割でより簡単になりました。

すっきりと分かりやすいインターフェイスに

投稿リビジョンの改良

リビジョン UI 機能が完全に新しくなりました。アバター画像表示、投稿履歴の流れがわかるスライダー、そして範囲内の比較をできる2つのスライダーという新機能が加わっています。

スライダーで、リビジョンの変化が分かりやすく

最新版のダウンロード

1 2