1. まとめトップ

【新社会人必見】上司をイラつかせる新人の言葉10選

新入社員のマナーに関して「イラッ」と感じたことがある人はどのくらいいるのだろうか。具体的に気になる新人のマナー違反を聞いたところ「タメ口」、「敬語の使い方」が上位をしめている。学生から社会人へ変わるまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。

更新日: 2013年04月07日

16 お気に入り 23250 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ooh-yeahさん

「~的な」

曖昧だし、学生気分が抜けてない感じがする。(静岡県/30代/男性)

ぼんやりとした言い方なので、逃げていると感じられてしまうようです。

「え?」

ありえないでしょ?みたいな返し方。(東京都/30代/男性)

「なにそれ?」といったような表情つきでこられるとさらにイラっとするようです。
小馬鹿にしている感じがします。

「でも~」

言い訳がましく余計マイナスになる。(東京都/40代/男性)

会話の頭にいきなり「でも」と言われても困る。なにが「でも」なの?

「やっぱ」

友達感覚で話されちゃたまらない。飲み会で使用するような言葉使いで話をする新人サン。

せめて「やっぱり」にしてください。どうせなら「やはり」にしてください。

「ウケる~」

すごく耳障りな言葉です。(神奈川県/30代/女性)

ウケるような内容は一切言っておりません。

「マジっすか」

「敬語のつもりかもしれないけど、なめられた気分になる」(東京都/30代/男性)
「バカにされているように感じる」(神奈川県/20代/女性)

「ドンマイです!」

また仕事で顧客からクレームがついたり取引先からの苦情があった時などに、まだ何も分かってない新人から軽く、「先輩、ドンマイ!」などと言われたかない。

「チっ(舌打ち)」

口癖のようなものなのでしょうが・・・さすがにこれはいけないです。イラっていうのを通り越して悲しくなります。

「リアルに~」

現実的にということですよね。「リアルにそう思います」って・・・。なにか余分な接頭語のようなものをつけないと反応できないのでしょうか。

ふとした油断でポロッと出てきてしまうような言葉が目立った今回のアンケート調査。言葉が与える印象はとても大きいからこそ、思わぬところで“マイナス”な評価に繋がってしまっていることもありそう。新生活がスタートして1か月ちょっと過ぎたが、今一度自分の言葉や言葉遣いに重きを置いてみてはいかがだろうか?

1