1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「厚生労働省の担当者は、自分を守る手段としてマスクの着用を推奨していない」というもの。

厚生労働省は、体調に不安がある場合は人混みを避けるほか、外出後は手洗いとうがいをするよう呼びかける。一方、マスクをすることは「感染拡大を防ぐのに有効だが、自分を守る手段としては推奨していない」(同省担当者)という。

3:「乳酸菌」を摂る

実は、73%のママたちがもうすでに知っていた「乳酸菌」とインフルエンザの関係。ひとくちに「乳酸菌」と言っても、実はいろいろな種類があるんです。

特にインフルエンザ対策として期待されているのは「プラズマ乳酸菌」「1073R-1乳酸菌」「L-92乳酸菌」「フェカリス菌」「ラブレ菌」の5つの乳酸菌。

最近多くのCMで、これらの乳酸菌が紹介されていますよね。でも、どれが1番いいんでしょうか?

感染拡大防止策は。
 A 鳥インフルエンザが発生した養鶏場と、経営者が同じ同県相良村の養鶏場では鶏の殺処分が行われ、両養鶏場から半径3キロ以内の養鶏場は鶏と卵の移動を、半径3~10キロ以内は搬出を制限した。今のところ3キロ以内にある別の養鶏場で異常は見つかっていない。両養鶏場で消毒まで終われば防疫措置は完了。その後、21日間を経て移動制限区域が解除される。その間に搬出制限区域なども解かれる。鳥取大の伊藤寿啓(としひろ)教授(公衆衛生学)は、熊本県の初動防疫について「徹底してやっているので、感染拡大の心配はそれほどないのではないか」と話している。

一般に心がけたい予防策

・手洗い:石鹸を使って丁寧に15秒以上
 共用の布タオルはダメ
 使い捨てペーパータオルがおすすめ
・手の消毒
 私はアルコールは避け、ハーブを活用しています。
・うがい
・咳エチケットの励行
・不織布製マスク
 かかった場合は感染拡大を防ぎます。
・感染者の2メートル以内に近づかない
・ワクチン
・健康状態をよくして自己免疫力を高める
 これが一番重要だと思っています。
・流行地への渡航、人混みや繁華街への不要不急な外出を控える
・備蓄
 不織布製マスク、手の消毒剤はさらに流行すると品薄になりそうです。

1 2