1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今度は痴漢で逮捕!止まらない神奈川県警の不祥事

不祥事が続く神奈川県警。今度は痴漢で逮捕者が…。警察改革とは一体何だったのでしょうか。

更新日: 2013年04月08日

12 お気に入り 25929 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あちこすさん

神奈川県警の警部補が痴漢で逮捕

▼2013年4月7日
神奈川県警は、県警自動車警ら隊警部補の江刺家(えさしか)一也容疑者(38)=川崎市川崎区=を県迷惑行為防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕したと発表した

痴漢で逮捕された警部補。

7日午後6時前、JR横浜駅の京浜東北線のホームで電車に乗り込む際に、降りようとした43歳の女性の太ももなどをすれ違いざまに触った

女性が江刺家容疑者の後を追って襟首をつかみ「痴漢です」と声を上げて取り押さえた

江刺家容疑者はこの日当直明けの非番で、午後1時~4時半に横浜中華街で同僚と歓送迎会に参加し、飲酒していた

神奈川県警察本部の保坂都彦監察官室長は、「警察官としてあるまじき行為で、事実関係を調査したうえで厳正に対処したい」とコメント

2012年に8人が逮捕されている神奈川県警

神奈川県警では2012年、警察官8人が逮捕されるなど、一向に不祥事への歯止めがかからない

▼2013年2月
本部捜査第二課の警部補が、本部敷地内で酒酔い運転し、そのまま公道に出ようとしていた

▼2013年2月
大和署巡査部長2名が女性警察官がセクハラをしたとして停職処分

▼2013年3月
伊勢佐木警察署刑事第一課で、1992年から2004年までに扱われた傷害や器物損壊、暴行、恐喝など106件の事件捜査が放置され、全てについて公訴時効が成立し送検していなかったことが発覚

こんなことも

でっちあげ、誤認逮捕も目立っている神奈川県警。

不祥事の中でもより深刻なのは、摘発実績を上げるために架空の窃盗事件をでっちあげるなど職務に絡む事件も目立つ

▼2012年
神奈川県警察本部の中原警察署の警察官が、友人が自転車を盗んだといううその事件の書類を作り、上司に提出したとして虚偽有印公文書作成などの疑いで逮捕

「検挙した事実が欲しかった」と容疑を認める。

▼2012年
パソコン遠隔操作で横浜市のホームページに小学校の襲撃予告が書き込まれ、少年が誤認逮捕

「否認をしていたら検察官送致されて、このままだと(少年)院に入ることになるぞ」と脅し、うその自供をさせる。

揺らぐ警察への信頼

警察への信頼が揺らいでいる。

ネット上では

神奈川県警現職警部補痴漢で捕まる 懲りないね~

1 2