1. まとめトップ
  2. 雑学

急激な視力低下に気を付けて!誰でもできる視力回復法

日本人は、目が悪い人が多いですね。日常生活などにも、支障をきたすことがあります。早めに対処することで、視力を回復することが出来るようになりますから、覚えておくようにしてください。

更新日: 2013年04月12日

2440 お気に入り 895477 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tonic-mazさん

視力低下の原因

長時間近くのものを見続ける

パソコンやゲームなど近くで物を長時間見続けると、
目のピント調節機能が上手く働くなり、視力低下を引き起こします。

暗いところでテレビをみる、本を読む

暗いところで物を見ることは、常に瞳孔の調節を目に強いることになり、
目を疲れさせ、視力低下を招きます。

横になってテレビをみる

左目と右目で見ている物との距離に違いが出てしまい、
目は右と左で違うピント調節を強いられ、目が疲れて、視力が低下することに。

長時間目を酷使したときの対処法

温かいタオルで血行促進

タオルをぬるま湯に浸し、温かいおしぼりをつくり、それを目の上に乗せます。
血行が促進され、使い過ぎで凝り固まった目の筋肉がほぐれ、視力が回復します。

遠くのものをしばらくみる

近くのもの(30cm程度)を30秒みては、遠くのもの(2m程度)を5分間みます。
これを繰り返すことで、ピント調節機能の不具合が改善され、視力が回復します。

遠くの緑の木々をみる

緑のものをみることでリラックス効果が生まれ、視力回復に。

目の体操、マッサージで視力回復

まばたき運動

1点を見続けることは、目の乾燥を引き起こし、視力低下につながります。
できるだけ、目をパチパチとまばたきさせ、目の乾燥を防ぎましょう。

目の運動

頭は動かさす、目だけを上下左右に動かします。
目の筋肉をほぐし、視力低下を回復させます。

目のマッサージ

中指と人差し指で目の周りを骨に沿って押しましょう。
目の周囲の筋肉がほぐれ、視力回復につながります。
注意:目の玉は押さないように

目の良い食事摂取で視力回復

ブルーベーリーの働きで視力アップ

ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」には、
物を見るのに重要な役目を担う網膜の働き助ける効果があります。

ビタミンAで視力回復

うなぎやレバーに多く含まれるビタミンAには、目に入ってくる光の量を
調節機能を助ける作用があり、急激に暗いところに入ったときの視力の低下を防ぎます。

亜鉛で視力アップ

海のミルクと呼ばれるカキには亜鉛が豊富に含まれています。
亜鉛は、網膜の成分であり、亜鉛を摂取することで
網膜の働きが活性化され視力アップにつながります。

子供の視力低下対処法

子供の視力低下の原因のほとんどは、近くの物を見過ぎ

テレビやゲーム、パソコンが普及し、外で遊ぶことが少なくなった結果、
近くのものを見る時間が多くなった生活パターンが子供の視力低下を生んでいます。

子供の視力低下は、早期発見で治る

子供の視力低下は、近くのものばかり見ていたせいで目のピント調節機能が上手く働かなくなり
遠くのものをみても、ピント調節ができず、物がぼやけて見えるという状態。
遠くのものを見る習慣をつけることで、ピント調節の機能は回復し、視力低下は改善します。

安易なメガネやコンタクトは、視力低下をすすめる

子供の視力低下は、ピント調節の不具合が原因のものが多いので、
安易にメガネやコンタクトをつけると、本来あるピント調節機能が働かなくなってしまいます。

1