1. まとめトップ
  2. カラダ

自律神経失調症の治し方!症状を理解して、克服しましょう。

ストレスの多い現代社会において、自律神経失調症になってしまうことがあります。ちゃんと、対策をしないと、症状が進行してしまうことがあります。対処法をちゃんと知っておきましょう。

更新日: 2013年04月12日

1515 お気に入り 2178843 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tonic-mazさん

自律神経とは?

生きていくうえで重要な働きを担う自律神経

自律神経は、食べ物の消化活動や空気を吸ったり吐いたりする呼吸、
血液を体中にめぐらすといった私たちが生きていくうえで必要不可欠な働きを行っています。

活動を活発にする交感神経

自律神経には2種類あり、そのうちの1つが交感神経。
交感神経は、心臓の働きを活発にしたり、脳を興奮させるなど、
体の活動を活発にさせる自律神経です。

体をリラックスさせる副交感神経

交感神経とは全く逆の働きをするのが、もう1つの自律神経である副交感神経。
体の緊張をほぐしたり、脳の興奮を鎮め眠気を促したりと、
体を休める、リラックスさせる自律神経です。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスの問題

交感神経と副交感神経の絶妙のバランスが体調維持には必要不可欠

体の活動を活発にする交感神経は、昼間に働きを強め、夜には、働きを弱めます。
体をリラックスさせる副交感神経は、夜に働きを強め、昼間は、働きを弱めます。

交感神経の働きが強すぎておこる自律神経失調症

交感神経の働きが夜になっても弱まらないと、
体は、いつまで経ってもリラックスできない状態になります。
その結果、夜ねむれないとか疲れがとれないといったことが起こり、
体の不調が始まります。

副交感神経が昼間も強く働いて起こる自律神経失調症

副交感神経が夜だけでなく昼間も強く働いていると、
朝になっても血圧が上がらず朝起きれないとか
立ちくらみやめまいがするといったことが起こりますし、
体が活動状態にならないので、体がだるいとかやる気がでないといった、
いわゆる、元気が出ない状態に陥ります。

自律神経失調症を引き起こす原因

不規則な生活

夜更かしや交代勤務など生活リズムの乱れが自律神経のバランスを崩し、
自律神経失調症を発症することに。

ストレス

人間関係とか環境の変化とかストレスが溜まってくると、眠っても疲れがとれない
精神的疲労状態になり、自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症を発症することに。

妊娠、出産

妊娠や出産などにより女性ホルモンの変化が起こると、
それに連動して、自律神経のバランスが変化します。
自律神経のバランスが変化したことで、体調不良が発生することに。

食生活改善で自律神経失調症改善

ビタミン摂取で乱れた自律神経のバランスを整える

豚肉や大豆などに多く含まれるビタミンB。
積極的に摂取するとことで、自律神経のバランスが整えられます。

カルシウム摂取でイライラや不眠を改善

チーズや小魚などに多く含まれるカルシウム。
積極的に摂取することで、イライラや不眠といった自律神経失調症の症状が和らぎます。

ビタミンCでストレスに強い体を作り、自律神経失調症を予防

ホウレンソウやブロッコリー、
オレンジやグレープフルーツなどに多く含まれるビタミンC。
ビタミンCには、ストレスを解消する効果があり、
積極的に摂取することは、自律神経失調症の予防になります。

生活習慣を改善して自律神経失調症を予防

規則正しい生活

1日3食の食事、睡眠時間の確保は、自律神経のバランスが乱れることを防ぎます。

休養時間を設ける

自分の好きな趣味に没頭したり、お風呂にゆっくり浸かって体を休めたり、
音楽やアロマで心身のリラックスを図ったりと、1日の生活活動の中に
体をリラックスさせる時間を設けることで、ストレスが溜まりにくくなり、
自律神経失調症を予防できます。

体の緊張をほぐす

1日の活動でたまった体の緊張をほぐすことは、ストレス解消につながります。
深呼吸で体の緊張をほぐし、その日に溜まったストレスは、
その日のうちに解消することで、自律神経失調症を予防できます。

1